キレイな思い出

| | コメント(0) | トラックバック(0)

335号です。

今日は、なぜか急に思い出したお話。

 

祖父母の家が農業をしていて、

出勤途中に田んぼを見て思い出した事。

IMG_tannbo.JPG

いとこ全員が男の子だった為、小さい頃はよくプラモデル屋さんへ行きました。

ですが、当時プラモデルに興味のなかった私は欲しい物がなく、

祖父にもらったお金で、ピンク色のプラモデル用の塗料を買ったのです。

 

いとこ達が楽しくプラモデルを作る中、暇な私は畑でネズミを捕獲♪

もちろん母に聞くのです。

「ネズミ飼って良い?」

「汚いからダメ!」

   ・・・・・。

   う~ん。

       あ!

『そうか。キレイなら良いのか。』

ネズミをキレイにしてあげる事しました。

そうです。

ねずみ色のネズミをキレイなピンク色に♪

塗料が垂れてはイケナイので、水のはっていない池で実行。

すると、ピンク色のネズミは池を2周走って・・・

あとは、間違いなくご想像の通りです。

 

ちなみに。

お墓はピンク色で、墓石代わりとして立てたのは塗料用の筆でした。

 

突然思い出したので、何となく報告しておきます。

肌寒くなって来た秋ですので、

田んぼから始まった思い出の結末に、ほっこりして頂けたら幸いです。

 

 

トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: キレイな思い出

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.trubo.jp/mt/mt-tb.cgi/145

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、truboが2010年10月27日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「散髪屋の息子 その1」です。

次のブログ記事は「散髪屋の息子 その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。