2011年5月アーカイブ

緑のカーテンに挑戦

|

 

 

こんにちは、トラボ営業の深田です。

このたびの原発事故による影響で「節電!節電!!」と毎日のように言われています。

今年の夏は記憶に残る特別な夏になるような気がします。

 

我が家でも節電対策として緑のカーテンの製作を始めました。

カーテン生地は「ゴーヤ」です。

種まきから始め、本葉がしっかり開いたところまで成長しました。

週末にはプランターに定植する予定です。

 

 

ゴーヤ苗.jpg 

ゴーヤは何もしなくてもそれなりにどんどん成長するものですが、

こまめな摘芯をして、こんな感じにはしたいと思っています。

 

ゴーヤカーテン.jpg 

夏の直射日光を和らげ、実も食べれる!

ゴーヤってすごいヤツです。

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

おもしろ画像

|

 

 

こんにちは、トラボ営業の深田です。

 

スーパーとかでよく見かける『意見ボックス』や『ご意見下さい』的なもの。

先日、とあるお店で掲示されていたもので、

私の心をグッ!!!! と掴んだものがあったのでご紹介します。

 

 

コチラ!!!! 

ご意見.jpg

 

・・・私は、こういった些細な間違いがツボに入ります!!

5m・・・5m・・・・・・いや、ありえん!!笑笑

さらに 8mまでも!!!笑笑笑

 

こういったネタ、好きです。

 

皆さんも是非、スーパーなどで『ご意見ください』的なものを見つけたら

チェックしてみてください。おもしろいネタが転がっているかも知れません!!

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

こんにちは、クマムシとジャンケンです。

 

ある日、歯医者さんからこう言われました。

「将来の歯の治療の為の、金属アレルギーのテストをしましょう」

 

ということで、国立病院の皮膚科に紹介状を持って行ってきました。

『聞く』と『する』では結構違うのです。

これからパッチテストを受けようと思っている人の参考になれば、と思います。

 

まず、「パッチテスト施行について」(案内) の説明を受けます。

 

1.目的:アレルギーの原因物質を身のまわりの物質の中から見つけ出し、

      現在の病気を治す手助けをする検査です。

2.方法:両腕に疑いのある物質をパッチテスターにつけて48時間貼ったままにします。

 

               パッチテスト_1.JPG           パッチテスト_2.JPG

 

《1日目》

パッチは両腕で19コ。その上に保護シールを貼り、

そのシールの上からマジックで 「 」 と数か所、目安になる番号を記入してもらいます。

※3日間、入浴できないのです。(貼った部位に触れないように体を拭くのは大丈夫)

※出来るだけ汗をかかないよう、激しい運動を避けること。

 

《2日目(48時間後)》

病院に行く前に自分でパッチテスタ―をはがします。(病院到着30分前までに)

※はがした跡が痒くなってきてもかいてはダメ。(正しい判断が出来なくなるのです)

―ここからの作業は自分でします―

・消毒用エタノール綿を小さくちぎって、パッチ1コに綿1コを使って拭き取っていきます。

・濡れタオルで拭き取ります。

・乾いたタオルで拭き取ります。

・マジックで印をつけます。

 「 」 と数字とパッチがあった場所の周りを点で囲います(写真参照)

          パッチテスト_3.JPG      パッチテスト_4.JPG

先生が、両腕を写真に撮ります。

金属パッチテスト判定用紙の19項目全てに

(+)(-)(±)チェックを入れてもらいます。

 

《3日目(72時間後)》

腕につけた印の消えそうな所に、もう1度マジックで印を入れて病院へ行きます。

(アレルギー反応が出るまでに 時間がかかるものもあるので、何日もかかるそうです)

ここでも写真を撮ります。 後日変化を見るのです。

金属のタイプによって、反応が消えてゆくもの、反応が出てくるものがあるということが分かります。

 

《8日目(最終日)》

判定用紙を見ながら、判定結果の説明を受けます。

多くの物質の反応が無くなる中で、パラジウムニッケル要注意!!!!!!

ということが判明しました。

パッチテスト_5.JPG 10代の頃、銀製品にかぶれた思い出があったのですが、この結果を見ると

銀は無実だったのです!!!!!!

「どうやらニッケル等の金属が含まれた銀製品だったのでしょうね」 と先生。ナルホド―。

「何回も足を運んでもらってスイマセン」 と言って下さる先生でしたが、

こちらこそ丁寧に診ていただいて 本当にありがとうございました。

以上、8日間の記録でした。

(身体に触れるものとか、調理に使うものとか、親として少し気を配ろうと思うのでした。)

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

やって来ました八重垣神社

ここはさすがに有名スポットとあって参拝の方が沢山いらっしゃいます。

拝殿にて参拝を済ませ、社殿後方にある神話にも語り継がれる「鏡の池」へ。

この池、社殿で買った占い用紙に百円か十円硬貨をのせ、浮かべてお祈りします。

用紙が早く沈むと(15分以内)良縁が早く遅く沈むと(30分以上)縁が遅れると言われ、

また近くで沈むと身近な人遠くで沈むと遠方の人と結ばれると言われています。

こんな面白そうなもの、

「やるしかない!」多数の女子に混ざり、いざ!

 

鏡の池.jpgこの占い用紙、

水に濡れると御託宣が読めるようになってる仕組み。

占い曰く

「開運に向かう  東と南  吉」と出ましたw

そうして約2分、すぐ足下でみごと池の底へv

社殿へ帰って引いたおみくじには「大吉」の文字

 

おみくじ.jpg

 

どうやら結果をまとめると、

 

「良縁は早い内に身近な方で

東か南からやってきて、結果大吉」とw

 

心当たりのある方、

どうかお早目によろしくお願い致します(笑)


 

 

さて、神社巡りはこれにて終了する事にし、

次の目的地を鳥取方面「白兎海岸」と定め出発することに。

車を止めさせてもらっているお店まで戻り、

お店の方にお礼の挨拶もそつなくこなす友人に頭が下がる。

見習わないと。

 

そして出発。が、ここからは大誤算

鳥取方面に向かう国道も自動車道も大渋滞。

白兎海岸に着いた頃には真っ暗闇でどこが海やら陸地やらで(涙

そのまま岡山方面への渋滞も続くのでした(涙涙

 

そんなこんなで山陰紀行。

パワースポットのパワーはあまり感じることができませんでしたがw

丁寧に道を教えて下さった方々、見通しの良い直線道路で交通量も少ないのにも関わらず

車を止めて車道を横断させて下さった運転手の方、

お店の駐車場に車を置いたまま参拝を快諾して下さった御店主。

みなさんのやさしさを感じられた大変良い旅ができました。

そして、なにより「ナビはしない。寝ます。」と出発前から公言していたにもかかわらず、

眠い眼を擦りながら結局最後まで道路地図とにらめっこし、

今回の紀行のきっかけをくれた友人に大感謝。

 

できれば東日本大震災で被災された東北地方が復興されて、

できるかな。「東北紀行編」をUPできる日が来ることを信じて。     Orz

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

                                    

 

 

さて、つぎの目的地は八重垣神社。主祭神は素盞嗚尊と櫛稲田姫。

イザナギ、イザナミ神からすれば御子息夫婦を御祭りしている、

どのガイドブックにも載っている超有名恋愛のパワースポットです。

えぇ、例によって道に迷いましたw

せっかちではないけれど、道に迷っていてもけっして車を止めようとしない運転手と、

これはヤバいと気付きはじめ、必死にナビゲーションしようとする友人。

そうして何度か同じ所を走り回った末見付けた「八重垣神社→」の看板。

もう大喜びw

 

八重垣神社.jpg

 

参拝の前に、すぐ隣のお土産物屋と軽食屋さんが一緒になったお店で

3時のおやつタイム。

自然の光を多く取り入れた明るい店内がとてもいい感じ。

注文したのは、

「シジミのみそ汁とやきもちのセット」

「やきもち」ってのはお米の粒が残ってるお餅を平たく延ばして串に刺して焼いたもの。

味噌だれと醤油だれがありましたが、味噌を選択w

これが、器も盛り付けもとてもきれいで食欲をそそられ

撮影するのを忘れてパクついてしまい画像が残ってない(涙

とても残念。

隣の友人は「紅白甘酒セット」を注文。

普通の白い甘酒と古代米から醸造したピンク色の甘酒を

大変美味しそうに啜っておりました。

 

お店の方のご厚意で、お店の駐車場に車を置かせてもらったまま参拝させていただくことに。

 

さていよいよ今ツアー最大のパワースポットへ。

次回できるかな。

縁結び恋愛成就 八重垣神社後編へ~

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

ここもやはりスサノオを御祭神とする神社で、日本初之宮であり、

和歌発祥の地とされる由緒正しきお社。

 

須我神社.jpg   竹道.jpg

 

まずは参拝。そして本殿脇にある山上へと続く竹道。

迷わず登り始める友人。

どうやらこの友人は、この手の道とか川を見ると血が騒ぐのか進まずには居られない性質らしい。

自分も山上のお社に興味があるので、後に続きます。

が、しばらく登ること数分。想像を絶する険しさ。

「すまん、後悔した。」と道半ばで泣きごとの友人(笑)

それでも励まし合いながらたどりついた山上。 

 

お社_1.jpg     お社_2.jpg

そこには小さなお社が・・・。

ありがたや。

ここで霊験予知能力発動。「明日はきっと筋肉痛になる!!」

そんな話をしながら元来た道を今度は降って・・

さて次は今回の旅で一番メジャーなパワースポットへ。

いけるかな。「八重垣神社」編

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

さて、前回予告した「武内神社」延命長寿。国宝もあるとのことでしたが、スルー。

見付けられませんでした。汗)。

あっさりあきらめ、次に目にした「熊野大社」への看板を頼りに目的地変更。

聞くところによると「出雲熊野大社」は全国にある「熊野大社」のお里らしい。

そして熊野大社が御祭しているのはスサノオノミコト。

そう、イザナギ神とイザナミ神の御子息です。

神様にも婚姻・親戚関係とか、お里とかあるんですね。

出雲そば.jpg到着したのは12時前。ここで昼食。

旅先ではご当地ものをということで

「出雲そば」

観光地のレストランなのであまり期待はしていませんでしたが、

以外とGood。満足。

腹ごしらえも出来たところで参拝。

 

熊野大社.jpg

 

この間、相方の友人が

「財布を忘れたサザエさん」

みたいなネタを披露してくれたが、

本人の名誉のため割愛w。面白かったよ~v

本殿に参拝すると、

ちょうど神前での結婚式に遭遇。

神事の邪魔にならない様にと参拝を遠慮。

こんな由緒ある所での御式、お幸せに~。

 

小川.jpg

  

御式の間、神社内を散策。

敷地内を流れる小川を見付け、やたら反応する友人。

どうやら川辺に降りて遊びたいらしい。(笑)

石段を見付け川辺へ。

足元に咲く花を踏まないように気を遣いながら、

水に触ったりカメラに収めたり。

後で知った事ですがこの川、ただの小川ではなく、

神話にも語られる由緒ある立派な川らしい。(笑)

式が終わったとこで参拝を済ませ、

次なる目的地「須我神社」へ出発~

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

さて、軽く道に迷い、国道沿いの案内標識を頼りにまずたどり着いたのは

駐車スペースも一切なく「黄泉比良坂ここより徒歩3分→」

と書かれた看板のある住宅街の狭い路地 (笑)

確かに矢印の方を見上げると道路沿いの山肌に細いけもの道のような・・・。

いや、いくらなんでもここにバスツアーは・・・。(汗

たまらず近所の方に友人がリサーチ。するとどうやらここは裏側で、

一度国道に出てこの小山を迂回するようなルートで行くと目的の地へ。

駐車場もあるらしい。ほっ。

この時の素早い友人の対応と、丁寧、親切に道を教えてくださった方に感謝。

頼りになる相方と頼りない運転手でいざ再出発。 

そうしてこの後もう一度道を間違った上で(笑) 辿り着いたのが

黄泉比良坂_1.jpg

 

 

黄泉比良坂_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

黄泉比良坂。あの世とこの世を結ぶ門。

雰囲気のある注連縄、結界をくぐるとそこには道を塞いだとされる石が。

・・・すき間開いてますね(汗  (笑)

そして脇には山に登って行くけもの道。峠には道祖神もあるらしい。

見ておきたいが、しんどそう、とか考えていると、すでに登り始めてる友人。(笑)

鬱蒼とした木立の中を進むこと7~8分位か。

ありました。

「黄泉比良坂ここより徒歩3分→」

えぇ、道祖神は見つかりませんでしたが、さっき山の反対側で見た道案内板が (笑)

 

でも3分はウソだろう・・・


そうして黄泉路の入り口の所まで戻ってみると、別な観光客の方が。

挨拶をしてみると、観光ではなく地元の方で山菜を採りにきた初老のご夫婦。

この際なので、お二人にこの辺りのお勧めの史跡がないか訪ねてみる。

すると国宝に指定されている神社や、何か所か興味深い旧跡への道程を親切に教えて頂いた。

感謝です。(方言がきつくてなかなか聞き取り辛かったですがw

 

さて、次の目的地は決まった。


次回「行けるかな。」武内神社編で~

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

できるかな。「山陰紀行」

|

 

 

さて、今回はGWを利用して行ってきた山陰地方の旅行記を。

テーマは「神話、古事記にまつわる史跡を訪ねる」

きっかけは某ツアー企画会社のバスツアーパンフに載っていた「黄泉比良坂」

読めます?「よもつひらさか」と読みます。

日本の神話に登場するイザナギ、イザナミにまつわり、

死者の国への入り口とされている場所です。

思わずこのバスツアー企画に参加しそうになりましたが、

GWという事もあり友人を誘って自身でハンドルを握りいざ山陰へ。

この方が他に興味ある神社なんかも回れますしね。

まず訪れたのがここ。

揖夜神社.jpg 

揖夜神社(いやじんじゃ)

 

イザナミ神を御祭神とし、黄泉比良坂とも大変関連の深い神社。

社殿の造りが同じでも、内部の造りがあの出雲大社と逆造りになっているなど、

興味のある人には大変興味深いお社。

屋根の上にある飾り木の形で御祭してる神様が男の神様と女性の神様で異なるとか由緒を書くと、

いくら書いてもきりがなくなるので割愛。興味のある方はネットで(笑)

黄泉比良坂に先に行くつもりだったのが道に迷いたまたま先に行き着いた場所。

太い注連縄と拝殿中央に置かれた鏡が印象的でした。

GWというのにほとんど他に訪れている人もなく、

今回の旅がいかにマイナーな企画だったのかと不安になる滑り出しw

それでも、大変気候も天気も良く旅行日和な一日の始まり。

次回は本来の目的地「黄泉比良坂」編へ~

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

東日本大震災に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

震災から二ヶ月が経ちましたが、まだまだ多数の避難生活を余儀なくされている方々の

ニュースを聞く度消沈していましたが、凹んでばかりもいられない。

健全な経済活動こそが復興支援の一助になる。

これを今の自分にできる支援と選択、今まで以上に「しっかり働き、しっかり使う!」

これでやっていきたいと思いますのでこれからも今まで通り、購入した書籍、

出かけた旅行記などをUPして行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

読めるかな。「ゲーテに学ぶ」

 

早速ですが、最近購入した本。

内容はタイトル通り。ドイツを代表する文豪、作家、政治家、法律家等、多岐に渡って才能を発揮。

賢者と名高いゲーテが生前に残した言葉をまとめたもの。

まぁ、200年位前に活躍されてた方なんで、現代とは政治形態、時代背景も違ったりで、

ピンとこない内容もありましたが・・・。

 

ゲーテに学ぶ.jpg

 

いくつか紹介。

 

「焦ることは何の役にも立たない。

後悔はなおのこと役に立たない。

前者はあやまちを増し、後者は新しい後悔をつくる」

「私が君を愛しても、君の知ったことではない」

仕事、人生、恋愛、自分自身などそれぞれについて

ありがたく、深く考えさせてくれる言葉が紹介されている一冊。

 

 

小説などと違い、ちょっとした時間の合間に読めるのも良しな一冊。

 


「三十分などチリくずのようなものだと言っている暇に、チリ屑のような仕事を片付ければいい」

「何をやるべきか、いかにやるべきか。

そればかり考えていたら、何もせずに十年がたってしまうだろう」

~ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
   

   こんな感じです。 ・・・合掌。

 

さて次回はGWを利用して行った 「山陰地方」 旅行記編ですw

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

  トラボの中.JPG

こんにちは。トラボ営業の深田です。

福島県のトラボユーザーの渡辺様からお便りを頂きましたので

ご紹介します。

 

 

(渡辺様より) 

 

納品の際は大変お世話になりました。

震災の直接的な被害より、原発の風評被害や見えない放射能への不安はありますが、

環境放射線測定器を使い、自分のまわりの安全をしっかり確認しています。

こちらには陸上競技をしている生徒がいます。

トラボ車は今、陸上の長距離の練習で伴走に使っています。

 

外部スピーカーも取り付け、車の中から声をかけられるようになっています。

 

トラボの中.JPG

 

 

  トラボの中には

 

   ・選手の着替

   ・荷物を置くブルーシート

   ・距離測定器

   ・道路への表示テープ

 

                等が入っています。

 

 

 

 

シールも貼り、スタイリッシュになりました。

 

軽トラのイメージが変わり、多くの人がトラボに視線を向けています。

 

 

トラボ_01.JPG 

川沿いの向こうには、福島の花見山という秋山庄太郎が絶賛した桃源郷があります。

 

そこまで生徒を走らせることもあります。

 

花見山公園_01.jpg   花見山公園_02.jpg 

花見山は風評被害もあり、観光客も少し減っていますが、

それでも今はすごい賑わいを見せています。

 

また、近況を報告します。

 

~ 頑張ろう福島にいる渡辺より ~

 

 

 

 

渡辺様、コメントと画像、ありがとうございます。

 

東日本大震災に関する情報はニュース、ラジオ、インターネットなどで情報を知るのみですが、

実際、こうして生の声をお聞きすると、やはり現実に起こっていることなんだと実感させられます。

でも、日本国民が被災者の方々を思い、復興を願う気持ちは同じです。

 

被災者の方々が一日も早く日常を取り戻せるよう、

 

私共も、微力ながらお力になればと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

九州新幹線のCM

|

 

祝!九州.jpgインターネットでも話題になったので、ご覧になった方も居るかと思いますが、

「九州新幹線全線開業」 のCMが、素晴らしくイイんです!!

元(?)鉄道マニアに贔屓を抜いても、「これは傑作!」と断言します。

 

九州新幹線の全線開業は3月12日でした。

しかし、その前日に東日本大震災が発生しました。

CM自粛の影響で、このCMはわずかな期間しか放送されませんでしたが、

4月23日から放送が再開されています。

残念ながら九州でしか放送されていませんが、そこはネット時代。

JR九州さんのホームページで見ることができます。

 

http://www.shuku9.com/index.html

 

この中の 「YouTube公式チャンネル」 で、全ての動画を見ることが出来ます。

 

おすすめは180秒バージョン

「特別編」 と 「総集編」 がありますが、どちらでもイイです。

私は初めて見たとき、感動して思わず涙してしまいましたw

 

東北地方が震災から復興した暁には、東北新幹線バージョンも作ってほしいものです。

東北の方々が元気な笑顔で手を振る姿が、1日も早く見れる事を願っています。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。