2011年8月アーカイブ

 

kumamoto_2.jpgこんにちは。トラボ営業の深田です。

本日は熊本県のトラボユーザーの山下様からお便りを頂きましたのでご紹介します。

熊本といえばスイカ、野菜王国で有名ですね。

 

今回は 野菜王国 くまもと 青果市場 にお勤めのユーザー様です。 

 

(以下、山下様からのコメントです。)

 

半年悩んだ挙句、購入を決意しました。

青果市場に勤めているため、近くの生産者から野菜の出荷を頼まれることが多く、雨の日はシート張りや積み込みに時間ばかりかかり、挙句の果てには品物も濡れがちでした。

市場に着いてからは狭い道路に駐車して、短時間のうちに商品を並べなくてはならず、悩みの種でした。

 

kumamoto_1.jpg

 

トラボの導入で雨にも濡れず、また、ウィングがボディの内側で跳ね上がるので、狭い道路でも邪魔にならず、作業が楽に簡単になりました。

 

kumamoto_2.jpg

 

 

 

 

  

ちょっとおしゃれにエアロパーツを取り付けてみました。

高校生の娘は軽トラでの迎えは敬遠していましたが、トラボ仕様の軽トラはカワイイと大絶賛です。

名付けて『キャリー エアロタイプ トラボウィング仕様』と言っています。

 

 

 

若い女性に喜ばれるのっていいですね。当社社長もたいへん喜んでおります。

また、重厚感のあるカッコいい軽トラを見て、振り返る人がさぞや多いことでしょう。

注目の的ですね。

 

山下様、うれしいお便りありがとうございます!

またお便りお待ちしています。

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

世界陸上のボルト

|

 

こんにちは、トラボ営業の深田です。

世界陸上100M決勝、ボルト選手のフライング失格について、

みなさんはどう思われますか?

陸上やってた私はこう思います。(賛否両論あるかと思いますが・・・)

 

ボルトは勝負師!自分の立場をよく分かった勝負師!!

 

予選、準決勝のレースを見れば分かりますが、普通にレースをすれば100%勝てます。

スタートが遅れたとしてもです。

 

でも、100%勝つと分かっているレースにフライングしてしまったのです。

bolt.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんお分かりだと思いますが、ボルトは勝敗よりも記録を狙っていたのです。

 

勝敗ではなく記録に挑もうとしたエンターティナー

      世界を沸かせようとしたエンターティナーなのです (多分)

 

 

しかし、決勝でもフライング即失格というルールはどうかと思いますね。

こんなルールでは世界記録も生まれにくいんじゃぁないでしょうか。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

龍泉寺境内や周辺は見所がたくさんあります。

 

IMG_0428.JPG「龍玉の瀧」

 

全国からこの瀧に打たれる修行に来られるそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0436.JPGまずは参拝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0441.JPG龍玉池

この池の周りに湿地が5か所。

大切に守られている様です。

 

 

 

 

IMG_0450.JPG

 

 

 鯉岩といわれる奇石

 

 

 

IMG_0449.JPG     そのとなり鯉岩湿地

 

 

ここで見られた湿地植物たち 

IMG_0445.JPG IMG_0446.JPG IMG_0448.JPG

      オモダカ             サワギキョウ            ヒメミクリ

 

次は サギソウ湿地

IMG_0459.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い点が全てサギソウ

IMG_0455.JPG IMG_0456.JPG IMG_0457.JPG

ホントにシラサギのよう 

しばらく歩くとトンボ池のスイレンが見られます。

 

IMG_0467.JPGこの日は雨だったのですが晴れた日には龍玉池の周りはたくさんの種類のトンボが見られます。

ここは自然観察が好きな方にも楽しく散策出来るおすすめスポットです。

 

次回は紅葉が色づくころにお伝えしたいと思います。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

顔文字だらけのローラ

|

 

こんにちは。トラボ営業の深田です。

テレビですっかりお馴染のローラ

会話の途中で、ほっぺを膨らましたりベロをちょっと出したりする人(モデル?)です。

 

 

rora.jpg ある人が言ってました。

「ローラがほっぺを膨らます訳は、きっとローラが顔文字を表現しているからなんだよ」

 

おぉ、なるほどなーと思ったわけです。

メールとかブログとか文章の終わりに顔文字をよく使いますが、

ローラはつまり、

実写版 顔文字   なんですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

そう思いながらローラを見るとまた楽しいかもしれませんよ。

 

ちなみに私の場合、ローラと言えば当然、

西條秀樹の 「傷だらけのローラ」 です (笑)

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp 

IMG_0468.JPG  

 

 

 

 岡山空港から総社へ抜ける途中、

 龍王山(286.8m)の西麓に

 龍泉寺(岡山市北区下足守)はあります。

 

 

 ふと気になり立ち寄ってみました。

 

 

 

        【駐車場(広場)にある巨岩】

      IMG_0426.JPG  IMG_0427.JPG

龍泉寺周辺はこの伝説の岩の他にも不思議な岩がいくつかあって探して歩く楽しみがあります。

 

      IMG_0434.JPG  IMG_0435.JPG 

                 【まるみがあってどこか愛嬌のある狛犬】

 

             IMG_0439.JPG

                       【彫刻がみごとな拝殿】

 

案内によると

龍泉寺「奈良時代に創建され、後に日蓮宗最上教派の本山となる」とあります。

現在では、日蓮宗と稲荷信仰、龍神信仰が一体となった祈祷の寺として全国的に

有名なのだそうです

 

             IMG_0582.JPG

               【寺務所の方にいただいた カワイイマップ】

               (季節ごとの色分けがとても見やすい)

 

ここは県立自然公園の中にあります。

次回 part2 でマップを見ながら散策した様子をご紹介します。

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

酸性すっぱい 梅干し赤

|

 

こんにちは。トラボ営業の深田です。

お盆休みに実家へ帰省中のことです。

久しぶりに実家の猛烈にすっぱい梅干しを食べました。

この梅干しは自家製で、子供の時から食べてきたものですが

この年になってもこの猛烈なすっぱさは慣れません(笑)

 

 

umeboshi.jpg それはいいとして、この梅干しを食べて思いました。

「そういえば、理科の授業で酸性すっぱい 梅干し赤と教えられたっけ・・・」

実際、リトマス試験紙では梅干しは赤色になりますので、梅干しは酸性なのですが、

あるとらえ方からすると、なんと梅干しはアルカリ性食品なのです!!

 

そんなの知ってたよ、常識じゃん❤

という方、ひょっとしたら多いかもしれません。

んが、不思議じゃないですか??

 

そんな不思議はウィキペディアで解決だ!

 

(ウィキペディアよりほんとに一部を抜粋)

食品の酸性・アルカリ性は、食品そのものではなく食品に含まれるミネラルが酸性かアルカリ性かを判断する。測定は、食品を燃やした灰を水中に入れて溶出成分を含む水溶液を調製し、その水溶液のpHを計測する。

 

 

私なりに肯定的解釈すると・・・

 

確かに梅干し自体は酸性です。しかし、食べることにより体内で燃焼され残った"カス"が酸性かというとそうではなく、アルカリ性なのだ。ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムが多く含まれるとアルカリ性になる。つまり、梅干しはミネラルが多い健康食品なのですよ。

 

 

以上ですが、おわかりいただけましたでしょうか?(笑) 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

鍛金という伝統技 Part3

|

                         地金を自在に叩き、延ばし曲げていく鍛金。

110806_142251.JPGのサムネール画像      三宅さん№2と№3.jpg

これほど沢山の金鎚と木槌を使うとは。    「当て金(あてがね)」と呼ばれる道具。
                              「作品ごとに作るんですよ」と佐故さん。

 

ここでは紹介しきれないほど様々な工具や機械をいくつも使います。

大作になると研磨工程を経て、美しく仕上げられるまでに1カ月以上かかるのだそうです。

手間を惜しまず1人で仕上げられるのです。

 

 

              ―――――――― 鍛 金 作 品 ――――――――

 

         natume.jpg        kougou.jpg

                               (なつめ)                                        香合(こうごう)

 

  nannryou1.jpgのサムネール画像     nannryou2.jpgのサムネール画像    nannryou3.jpgのサムネール画像

     南鐐(なんりょう)酒呑 3品                        南鐐注器

                                     「自分の好みで作ったらこうなっちゃいました」
                                                      と佐故さん。カワイイ型なのです

 

佐故さん:「南鐐とは純銀のことなんです」

 私   :「ヘェー、知りませんでした。そうなんですか」       ・・・と、まー全てがこんな感じ。

                                        日本の伝統は奥が深いのです。

 

  ―――――佐故さん、いろいろ教えていただき、本当にありがとうございました―――― 

                (佐故龍平さんの個展は年2回。次回はまだ未定とのことです。)

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

ホットコーヒー

|

 

こんにちは。トラボ営業の深田です。

連日のうだるような暑さから一変、

いやぁ~ほんとに涼しいわぁ~ と言う岡山県人は多くいることでしょう。

 

昨日の休日は、私はTシャツ短パンで過ごしましたが、涼しさを通り越して寒くなり

久しぶりにホットコーヒーを飲みました。

 

hot coffee.jpg

 

コーヒーはやっぱりホットに限りますなぁ~ 

と感じた訳です。

 

 

あっ、そういえば蝉の鳴き声も全くしておりません。

 

えっ、突然 秋になるんすかっ!!

と一瞬思いましたが、まあそんなことはないでしょうね。

残暑が厳しいのは間違いないでしょう。

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいですので、みなさん気をつけましょうね。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

鍛金という伝統技 Part2

|

 

佐故さんは主に鍛金(たんきん)という技法を駆使されます。

鍛金とは、金属の塑性を利用して、金鎚や木槌で打ち延ばしたり折り曲げたりして

形を作り出す技法を言います。

そしてそこで使われる金属を地金と呼び、佐故さんの「木目金(もくめがね)」には

4種類の地金が使われています。

銅、赤銅、銀、そして朧銀(ろうぎん)。
                               
(これは、銅に銀を加えて作るもので別名を「しぶいち」と言います)

作品によって、銅と銀の割合を変えたり金を加えたりして自分のイメージに合う物を地金屋さん

から取りよせます。

 

110806_142241.JPG

「木目金」に使われる地金は20枚にも達するそうです。

 

これは、エアーハンマーという、地金を打ち延ばす機械。

 

 

大作になると、この工程だけで2週間を要します。

 

110806_142440.JPGのサムネール画像のサムネール画像 

 

 

 

 

制作途中の品を
                      発見。

 

 

 

 

 

                 渦を巻くような模様は

                          出来上がりを計算して作られているのです。

 

 

 

次回は、ここから形を作り出していく道具と作品を何点かご紹介したいと思います。

 

 

110813_135306.JPG                             最終工程を経て美しく仕上げられた「木目金」の壺の表面

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

雑貨屋にて

|

 

島根に帰省中、鳥取県のイオン日吉津店に行き、ある面白い雑貨屋さんを見つけました。

置いている雑貨もさることながら、ポップがとてもユニークだったのと、テンションが上がった息子の行動がまた面白かったので、ちょっとコラボしてみました(笑)

 

(以下、フィクションです)

 

 

世知辛い世の中に憤りを感じている男。

今日もゲーセンにあった握力測定機で打ちのめされた。

                  両手を使ってもビクともしない。

akuryoku.jpg おりぁぁぁぁぁぁぁぁー

 

「はあぁぁ~」と大きくため息をつく男。

 

ふと見ると、なんとも怪しげな雑貨屋さんがあるのに気がついた。

とりあえず店内を物色する男。

                

 

                すると、こんなものを発見した!!

 

  majime.jpg            『まじめに生きるのやめましたの会?』って、なんだこれ??

 

 

店内には変なポップがいっぱい。

 

pop_1.jpg pop_2.jpg                

 

こんなものが店の前に放り出されている。

             (おっとこれは!運転免許のいらない乗り物だな)

hen_1.jpg

 

・・・何故だろうか、男はこの変な乗り物に乗りたくなった。

現実を忘れたかったのだろうか、いや、まじめに生きるのをやめたかったのだろうか!!

 

hen_2.jpg

 

彼の背後でウォーリーが優しく微笑みながら語りかけてくる。

 

「乗る向きが逆だな。人前でそんなとこ見つめたら笑われるぜっ!」 (完)

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp
 

朝のたのしみ

|

 

0655.gif

 

「0655」って知ってますか?

 

 

月曜日~金曜日の

朝6時55分からはじまる

たった5分の番組です。

 

 

 

5分といえど、

 

p_himekuri.jpg     yonnkibiutai.jpg

           「日めくりアニメ」とか                「よんきびう隊」とか

              かわいいコーナーがイロイロあります。

 

 

なかでもイチバンのたのしみは

「ねこのうたcat」と「いぬのうたdog

歌に合わせて出てくるワンコやニャンコのかわえぇことheart04 

娘と一緒に、出演者(ワンコ)の名前で犬種の当てっこをしてます。

 oisii.jpg

 

 

いつかウチのエコさんも投稿してやろうと
計画中です。

 

                              白く光るのは・・・よだれ? 


 

 

 

 

ついでに、イヌネコつながりで、こんな画はいかが?

板ワンコ

      板わんこ.jpg        

ヤン猫

板わんこ.jpgのサムネール画像ヤン猫.jpg

    

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

意外とすごい花火です

|

 

お祭りって、いくつになってもワクワクしますよね!

 

近所の公園で毎年開催されるお祭りがあるのですが

それが、一地区が開催しているとは思えない!?

ド肝を抜く規模のお祭りなのですよ。\(^▽^)/

 

六軒川河川敷公園 倉敷早高祭りです maturi_.jpg 

 

 

やきそば、たこやき、うどん、フランクフルト、ポテトなど

屋台はもちろん、ヨーヨー釣りなども地区の方々が朝早くから準備してくだり、とても盛りあがります。ヾ(@^▽^@)ノ

 

また、どこから連れて来られたのか?演歌歌手(ちょっとマイナーな方)も

出演されます。

 

そして、このお祭りのメインイベントは

そう、花火なのです ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

DCF00196_1.jpg

 

 

 

  夜空に打ち上げられる花火

あまりに近くで見すぎて、煙でのどが痛くなりましたが今年もまた見ることが出来て良かった。

 

 

 

 

 

 

 

地域の皆さまごくろうさまです。そして、暑い中ありがとう。

また来年も楽しみにしてます。

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

7月に天満屋倉敷店の美術画廊で開かれた金工展で作品に出会い、

その技とセンスに一目ぼれ。


お話をうかがうと我家から車で5分程のご近所さんです。

初対面なのに、厚かましく「今度遊びに行ってもいいですか?」

とお聞きすると「いいですよ」と心良い返事をいただいたので、

さっそくオジャマさせていただきました。

 

古民家をモダンにリフォームされたご自宅には、

佐故さんの作品がいくつか飾られており、その素晴らしさに目を奪われます。

 

110806_144836_1.JPG佐故さんは、「木目金」といわれる

技法の使い手なのです。
(この繊細な紋様の秘密は次回に、、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

110806_144854_1.JPG大小の多角形で構成された

力強い印象の「打出鉢」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 今、ここに信長や秀吉、利休がいたならどんな顔をするのだろう?

などと想像してしまいます。

知的興奮MAXの私は、この後ずい分と長居させていただき、

金工作品が生まれるまでを工房で丁寧に教えていただきました。

 


『日本伝統工業展・東京都知事賞』をとられたや道具の数々を

次回可能な限りご紹介したいと思います。

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

スナメリウォッチング

|

 

先日、牛窓港からフェリーに乗ってスナメリウォッチングに行ってきました。

以前は瀬戸内海にもたくさんいたスナメリ

今は激減し、なかなか見ることができなくなっているとか・・・

 

スナメリウォッチングといっても海面に姿を見せるのは呼吸時の一瞬だけ。

見れたとしても体の一部分しか見れないそうですね。

 

「せっかく来たんだから、絶対に見つけてやるぜ!」

そう心に秘めて、いざ出港!!

sunameri_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sunameri_2.jpg

 

 

真夏の日中、生温かい風が気持ち悪い

いないなぁ~、スナメリ

子供たちが退屈そうだ

あの人寝てるよ

ほんとにいないなぁ~、スナメリ

 

 

 

 

 

ブツブツ独り言を言いながら1時間半ほど経ったとき、

「あっ、いたっ!!!」

と同行していた水族館のお姉さんが叫びます。

「あの灯台のあたりにいるよっ!!!」

なんとかスナメリの姿を見せたいという思いが伝わってきます。

 

そして、数分後・・・

 

はい、一瞬だけ確認できました。

た・し・か・に・お・り・ま・し・た・ス・ナ・メ・リ

 

姿を見せるのは本当に一瞬なんですね。

 

2時間ほどフェリーに乗って、スナメリを見れたのはこの一瞬だけでしたが、家族サービスは出来たような気がしております。

 

夏休みの思い出には、ちと物足りないかな(笑)

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

回転モップを体験

|

 

こんにちは、トラボ営業の深田です。

某ホームセンターにあった、商品の体験コーナー 「 回転モップ 」

みなさんご存知ですよね?

モップを回転させその遠心力で脱水するという人気商品です。

 

                        私の子どもたちは初見でした。

kaitenmop.jpg

                               とりあえず体験

 

 

のはずが、このままキャーキャー言いながら15分間以上遊んでおりました(笑)

 

"子供が興味を持ち、楽しめる"

 

人気商品になるポイントのひとつかも知れませんね。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

読みやすい本

|

 

 

ある日、私はこんなことを言いました。

「私でも読みやすい本を本を貸してください」

 

・・・なんと自己中な頼み方(・Д・)・・・。

 

しかし驚くことに、迷うことなく1冊の本が出てきました。

・・・・・こんなむちゃぶりにも関わらず。すげぇ(・Д・)sweat02

 

その時貸していただいた本がこちら。

 

謎解きはディナーのあとで.jpg

 

『謎解きはディナーのあとで』

 

2011年の本屋大賞を受賞したこの本。

若干、活字離れしている私には読みやすかったです。

 

表紙に、登場人物のイラストがあるからか、

活字だけでも、そのシーンが想像できます

 

マンガを読んでる感覚で、スイスイ読めました(・▽・)ノ゛

 

 

 

普段から、本をよく読んでる方には物足りないみたいだけど、

普段『読む』ことが少ない方には、良い本だと思います

内容は・・・・・人によりけりです笑笑゛

 

味をしめた私は、次回からも

「私でも読みやすい本を貸してください」

というむちゃぶりを続けていこうと思います(´▽`)笑笑笑゛

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

イタっ・・・!!

|

 

 

朝起きたら何か違和感が、、、

 

そうそう、忘れた頃にやってくる

 

寝違えですわ 12.gif

 

 

 

薬を飲むほどでもなく、病院に行くほどでもなく、、

 

 

でも、つらい(´;ω;`)

 

 

ふつうに前を向いているには何の支障もないのに

 

ふいに名前を呼ばれ、ふり向くと

 

 痛ーーっ!!∑(>д<) !!

 

 

それと、車の運転のバック

 

↑これ、最高に痛いです 3.gif

  

みなさん、気を付けようがないのですが、

首は大事です。

 

寝違えてしまったときは、ひっそり過ごしましょう

 

ちなみに、冷やすのが良いらしいですよ♪16.gif

 

あと、「ぼんのくぼ」を刺激するのも bonnokubo.jpg

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

コラボレーション

|

 

 

コラボレーション商品や、景品。最近多いですよね(・▽・)ノ゛

 

この数カ月で、私が1番ニヤけたコラボレーション

 

このCDジャケット!!!!

 

ワンピスカパラ.jpg 

 

タミパラ.jpg

 

 

私、スカパラが好きなんです

中でも、1番はトランペッターのナーゴさん

 

右前の方ですね(・▽・)shine

 

素敵な紳士ですよ(´▽`)

 

 

 

 

で、何がニヤケたかって・・・。

ナーゴポジションに、ロビンが居ること!!!!!!!!!!!

好きなキャラクター × 好きな人

そりゃニヤケますともヾ(´▽`)ノshineshineshine

 

CD、即買いです笑笑゛

 

そんなこんなで、最近ワンピースのキャラものが増殖中です。

(コンビニでクジしたり、食玩買ったりするもんで(´▽`)笑笑゛)

部屋の一角にワンピコーナーを作ろうと思います(・▽・)ノ゛

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

変化に気をつけよう!

|

 

こんにちは、トラボ営業の深田です。

昨日のことですが、帰宅後、嫁さんのある変化に " 素早く " 気付きました。

 

私は得意気に

「髪切ったでしょ?」

 

嫁さん 「うん、自分で前髪だけ切ってみた。一昨日だけどね、フンpout

 

私 「・・・sweat02

 

美容.jpg

 

そんな会話を見ていた小5の娘

 

 

「あぁ、やっちまったなぁ~」

 

 

                        ・・・はい、やっちまいましたsweat02

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

つるのメスを折ってみよう

|

皆さん、このブログで過去に『メスの折り鶴』が登場したのを覚えていますでしょうか??

ブログはこちら折り紙

 

やはり、

『メスの折り方があることすら知らんかった・・・』

という声が1番多いです(´ω`)・・・。

ちょっとさびしいので、折り方をご紹介

 

めす折り方.jpg

 

④までは、オスと同じです。あとはご覧のとおり(・▽・)ノ!!!!!!

⑪の、足の折り込み方、⑫の、くちばしの折り方も、オスと同じです。

出来上がって、羽を広げるとこんな感じ

めす.JPG 

・・・やはりメタボですね(´▽`)笑笑゛

 

メスの鶴も、オス同様にメジャーになりますようにー

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

井原市にある田中美術館に行ってきました。

 

美術館入り口.JPG美術館入り口にある
平櫛田中の作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展」が目当てです。

田中美術館.JPG

 

 

 

 

 

 

この日「浮世絵鑑賞事典」を持参しました。

浮世絵事典.JPG

 

  

「写楽殺人事件」で乱歩賞をとった高橋克彦さんの初めての
出版物です。


昭和五十二年に日本出版センターから初版に44部刊行され、
10年間に売れたのは、たった2千部。

そんな本が講談社文庫から元版の4分の1前後の価格で出て
います。(こんな、超マイナーな本を文庫化するってスゴイです。
今現在は刊行されていないのが残念ですが。)


そして巻末に杉浦日向子さんの解説があります。
浮世絵の展覧会に行く度にこの本を持参して、絵師の項目を
引きながら観たそうです。
(自分も同じことをしようと思っていたので幸せです。
                     あー日向子中毒なのネン。)

この本には、主要絵師60人の略伝と作品が掲載されています。
きっと、自分のお気に入りの絵師が見つかるはずです。
(絵のタッチが絵師によってこんなに違うのか....が解ります)


今回、この展覧会の主役は広重です。やっぱりメジャー級です。
そして、江戸の旅ブームに火を付けたのが広重の「東海道五十三次」だということが
観ている内に解ってきました。
広重に人気があったのは、彼が元幕府直属の役人で、お役目で東海道を上り下りする
機会が多く、自分の目で取材した数少ない絵師だったということが
あげられます。
それまでポイントポイントの名所絵はあっても、道筋を描いたものはなく、
見て楽しむだけでなく、ガイドブックの役割も果たしていたのです。

 

もう一つ注目がユーモアとマンガタッチな絵です。
特に「御油」の旅籠の場面を描いたシーンがすごい。
旅人を宿へ引き込む「留女(とめおんな)」が出てきます。大変な怪力で一度つかまったら
逃れることはできません。
首から下げた荷物をぐいぐい引っ張られて旅人の何ともつらそうな、くるしそうな顔といったら、
かわいそうだけどあまりの必死さが笑いを誘います。

今回の展覧会では、それぞれの浮世絵と対比出来るように 当時に近い頃の写真も添えられて
います。
広重の目を通すと大胆なデフォルメがなされていたりして楽しいのです。そして解説文もみごと
でした。


この展覧会 8月16日までやってます。

杉浦日向子さんの言う「うつくしく、やさしく、おろかなり」の江戸へ
少しの時間タイムスリップしてはどうでしょうか?


 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。