2012年8月アーカイブ

トラボの梱包シーン

| | コメント(0)

 

 こんにちは、文月です。

朝はやや涼しくなって参りましたが、まだまだ残暑が厳しいザンショね!(涼しくなりましたか?snow

 

 トラボをユーザー様の元へお届けする時は、基本的に「木枠梱包」にて

お送りしております。

 木枠梱包ではない時というと、2~3台まとめてのお届けで、積み込み方が異なる場合とか、

ユーザー様が弊社にお越しになってお引き取りになる時です。

名古屋や長野県からはるばる来社くださったユーザー様も!

 

 今日は、その「木枠梱包」を組んでいる所の写真(今日撮りたて!)をご紹介します。

 

 かなり出来上がっておりますが...コチラ!

 

004.jpg

 

 手ぬぐい一本~頭に巻いて~♪

板の状態から、電動ドライバーで手際よく組み立てていくハナさん。

このあとはトラボ営業 深田にバトンタッチしてストレッチフィルムで包み、

しっかりとした梱包が完成!

 そして気を引き締めたトラボは、いつもトラボを運んで頂いている、

信頼の福山通運さん(出荷風景)にお迎えに来てもらって、ユーザー様の元へ向かいます。

 

 ご縁あって、トラボをお求め頂いたお客様へ、

よりよい状態でお届けし、お使い頂きたいから。

一つ一つの工程に、心をこめて...。(〃^∇^)っpresent

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちらhttp://www.trubo.jp

 

2つの太陽

|

 

 夕暮れの写真です。

 

566.jpg 光が雲に反射して、

太陽が2つあるように見えます。

 

 

 

 

 

 

565.jpg こちらはズームした写真。

太陽が3つにも見えます。

ここはまるで地球ではない、どこか違う星。

ガスが渦巻く宇宙のように見えませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

010.jpg これもある日の雲。

どうしたらこんな形になるのでしょう。

 

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちらhttp://www.trubo.jp

 

 

 初めまして、社員ブログ初登場のmasaです。

 8月13日、小豆島まで釣りに行って来ました!

 

839.jpg 友人3人との釣果です。

 

 キス、チヌ、カサゴ、ソイ、アナゴ、ウキソ、

ウナギ、チャリコ(タイ)

 

 写真では大きさがわかりにくいですが、

右手の魚は40cmほどです。

辛うじてメジャーの数字がみえますか?

結構な大物達ですgood

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちらhttp://www.trubo.jp

 

映画 るろうに剣心

| | コメント(0)

 

 ― 1994年から5年に渡って週刊少年ジャンプに連載され、

  テレビアニメ化もされた大人気作が実写化。―

 

 こんにちは、文月です。皆さん、「るろうに剣心」という作品をご存知ですか?

ここのところ、映画の宣伝が大々的に行われているので、

346.jpg目に止まった方も多いハズ。

何より、原作マンガを読んでいた世代の人には

大きな話題です。

文月もしっかり読んでました。

きれいで見やすい絵に、かっこいいアクション、

登場人物がそれぞれに魅力的。とぼけた描写も

入り、メリハリがあって面白い作品です。

 そんな期待の作品が、ついに実写化!

 どんな風になるのかハラハラドキドキしながら、映画館に足を運びました。

 人斬りシーンがかなり容赦無い仕上がりで、子供これ見て大丈夫かな、と

思わないでもなかったですがsweat02 剣心役の佐藤健さんがご自身でも好きとおっしゃっていた殺陣、

確かに息もつけない迫力で、俊敏を超えた速さ。まさに緋村剣心の動きでした!

またその他実写ならではの等身大な見せ方は、マンガとまた違った雰囲気が楽しめます。

原作で華やかめいたアクセントを添えた「明治剣客浪漫譚」が無い分、

映画はちょっと硬派な雰囲気。

 

 そして物語・人物外のところでの一番のお楽しみが、ロケ地です。

主役の剣心と、喧嘩屋の左之介が戦うシーンの、景色にご注目!

美 観 地 区 です!!

→参考:美観地区の写真のページ

(文月は子供の頃から美観地区が好きでして...shine227.jpg

「倉敷考古館」前の橋から、「観光案内所」、「旅館くらしき」さん、

いえ「赤べこ」を見渡す構図。

お馴染みの風景が、明治の舞台になっているのは不思議で、

面白い感じです。

 

 テレビドラマ等でも、たまに県内がロケ地になってるようなのですが、

こんなにばっちり楽しめたのは初めてですcatface

 

 作品を懐かしむ方、時代劇を楽しむ方、アクションシーンが観たい方、俳優さんに興味のある方...

是非一度いかがでしょうか。 →映画公式サイトはコチラ

 

 ちなみに、私の行った映画館、日曜の朝のチケットカウンターは50メートルほどの列でしたshock

総合カウンターですが、結構な人数が「るろうに」客ではないでしょうか...(「アベンチャーズ」も

気になります)。チケット購入は早めが吉です!

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

  563.jpg

 杉浦日向子さんの『4時のオヤツ』という本です。(新潮文庫)

 

 江戸から幕末、明治にかけての漫画やエッセイを多く残した

ヒナコさんですが、この本の舞台はグーンととんで平成です。

 この人(ヒナコさん)は、本当はタイムトラベラーなのでは

ないのか?

と本気で思える程、リアルに江戸を切り取ってくる彼女の

気合みたいな「不思議な力」に魅力を感じているファンは

多いハズ。

 だから最初は『4時のオヤツ』って!?と敬遠していたのです私。

(あまりに軽ーいタイトルと思ってしまったのです)

 しかし、何気に本を開いて・・・ヤラレますデス。

 この本は、「大人の中の大人」が書いた「大人に向けた本」です。

決して中二の少年には解らないのです(ゴメン、息子よ。あなたも大人になれば、

この本に出てくる普通のことが幸せなのだと気付くのですヨ)

 

 この本の中には、33編の日常会話が様々なシチュエーションで展開しています。

 そして不思議なのは、この会話って親戚のオバチャンと娘の会話に似ているナァとか、

これって、となりん家のことじゃないの、とか思えるんです。

  やはり、ただ者ではないゾ、ヒナコさんは。

彼女の「江戸を今に感じさせる力」は、平成にも通じるのですナー の一冊です。

 

 ちょっとした小腹がすいたナァーという時に、『4時のオヤツ』で「一休み」どうぞ。

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

  555.jpg

 ポール・オースターの『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』の紹介です。

前回紹介した小川洋子さんの、『物語の役割』の中にも登場する本です。

 

556.jpg 新潮社から出ている本で、「Ⅰ」「Ⅱ」と

2巻に分けられ文庫化されています。

(人との待ち合わせ等、ちょっとした

時間があるナと予想される時に

 スッとカバンに入れて行きたいので、文庫はありがたいです。)

 

― ふしぎなタイトル『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』とは? ―

 作家のポール・オースターさんは、1999年、全米公共ラジオで毎週1本、

新しい物語を語ってもらえないかと依頼を受けます。

作家活動をしながら、そんなことは無理だと困っていると、妻が一言

「あなたが物語を書くことはないのよ。いろんな人に"それぞれの自分の物語"を

書いてもらえばいいのよ。」

 30秒後に、ノーはイエスに。そして彼はラジオで

「短くないといけませんが、真実の物語を求めています」

とリスナーに呼びかけます。その結果、4千通を超える投稿が寄せられます。

 あまりに良い話(結構、みじめだったり、情けなかったりする話もありますが...。)が

多く集まるので、驚きます。

 そしてラジオでは収まり切らない物や、ラジオという媒体では儚な過ぎてもったいないという

気持ちから、選りすぐりの180篇を本にまとめます。

 それが(ラジオ番組と同名の)

『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』という本です。

 だから、ポール・オースターは編者。

 作者は、老若男女のアメリカ庶民です。

 一つひとつが忘れがたい印象の物語。家族のスナップ写真のように持ち歩けるお話です。

 超忙しーい人にもオススメ。(短かーい7行ほどのお話もあります)

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

物語の役割

|

 

554.jpg 『物語の役割』小川洋子著 ちくまプリマー新書

本好きの為の本の紹介です。

 小川洋子さんが物語について考える、様々な思いがつまった

本でもあります。

 この本の中には、沢山の物語が紹介され、彼女の

代表作の一つ「博士の愛した数式」が生まれたきっかけに

ついても書かれています。

 数学者・藤原正彦さんとの出会い。藤原さんが語る

十九世紀の天文学者・ウィリアム・ハミルトンの青春期における

心の躍動に、小川さんと同じ感動を味わいます。

 

 「誰もが物語を作り出しています」という小川さん。

愛する者を亡くす悲しみ。その現実に押しつぶされるのではなく、

「現実を棘で覆い、より苦しみに満ちた物語に変え、その棘で流した血の中から、

新たな生き方を見出す」

これは、九歳の息子さんを事故で亡くされたお母さんの、

 ― 自分の経験を社会の為に生かそう ― と努力される姿に、

人間が作り出す物語の尊さについて語られる一節です。

 

 私は今日、どんな物語を作ってゆくのか?

 どんな物語に出会うのか?

 身の回りにあふれる物語に気付くことが出来るのか?

 ということを、深く考えさせられる一冊であります。

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

たけのこのふるさと

|

 

 こんにちは、文月です。今日、用事があり倉敷市の真備町へ行きました。

初めての道で、出かける前、目印にと宮田橋・通称「たけのこ橋」の

話を聞いていたのですが、道に迷わないよう039.jpg

緊張していた往路では全く気付かず、

一安心した帰り道に、それを発見!

遠目に (おや?何かあるぞ?)

近くまで来て (こ、これは...)

 

・・・ホントにたけのこがあるーーーー!!

 

脇道に停車し、そのユニークな姿を撮影。

真備町はたけのこの産地なのですね。

011.jpg大手通販サイト:amazonにも瓶詰めが!

 美味しい岡山県真備町たけのこビン詰め (孟宗竹水煮 L(900cc) 片岡たけのこ園
 http://www.amazon.co.jp/dp/B0056CID7O

 

この時は実にいいお天気でした。(のち、曇り)

たけのこも映えるというもの。

 

 

 

 それにしても、シュールな光景ですねぇ...。

021.jpg 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

イントゥー・ザ・ワイルド

|

 

553.jpg 毎日が冒険、青春のドキドキ・ワクワクを、

いつも持ち続けたいと思う人に読んでもらいたい一冊。

 集英社文庫 荒野へ ジョン・クラカワー著

 

 今から20年前、1992年に実際にあったお話です。

 アメリカの若者が大学を出た後、ヒッチハイクに旅立ちます。

マッキンレー山の北の荒野に、単身分け入り4ヶ月後

亡くなってしまいます。

主人公の名は、クリス・マッカンドレス。

彼はなぜ死に至ってしまったのか。わかってくるのは

彼の無謀とも思える計画とあくなき探究心。

彼が足を踏み入れて行ったのは、世界中のトレッキングを愛する人間が一度は行きたい場所。

本には、アラスカ、デナリ国立公園、スタンピート・トレイル等々、超がつくほど有名な

地名が出てきます。

 登山家でもある作者のジョン・クラカワーは自身の経験・知識と深い洞察力で

クリス・マッカンドレスが出会った土地の人々の証言をまじえながら、「彼」という人間に

せまっていきます。

 クリス・マッカンドレスは、写真・日記、読書記録(読書家の彼は、お気に入りの部分に

アンダーラインをよく引いていました)を多く残していました。それらからひたむきに生きる

一人の若者のエネルギーを感じ取ることが出来ます。

 なお: この物語は、監督:脚本はショーン・ペンで映画化されています。

 クリス・マッカンドレスを好きになり、彼を心の友にトレッキングしている若者が、

世界のどこかにいるのでは?と思える一作。

 秀作です。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 こんにちは、文月です。

6月から8月上旬にかけて、全国の牛乳屋さんに向けて、保冷タイプのご案内をお送りしました。

 

 宅配牛乳には、冷たいものは冷たく、かつ安全品質のままDM.gif

お届けする事がもとめられますね。

そして昨今、省エネも大切。

そこで、ご案内させていただいたのが、

保冷ボックス『トラボ』です。

電気を使わずに、保冷剤を長持ちさせて、

冷たいままお届けすること。

コンパクトで後方が見やすくバックが楽々、開け閉めが軽くて

しずかなこと。

 

 そんな便利な保冷ボックス『トラボ』を、この夏、もっと宅配業の皆さまにも知って頂きたい!

という思いから、この度は牛乳宅配業者さまへ向けて、

直接お知らせさせて頂きました。

 

 とても全国を網羅は出来ておりませんが、おかげ様でトラボに

興味をお持ち頂いたお店様から、毎日のようにお問合せを頂いております。

中には、実際にトラボを使ってみてお気に召してくださり、

この2ヶ月の間にリピートのご注文をくださっている方や、

お知り合いの販売店様へご紹介くださる方もおられて、有り難い限りですconfident

お知り合いの方とご一緒など、まとめて3台ご注文頂くと、特典をつけさせて頂いているので、

送料がお得になった方も。shine

 

 保冷F、保冷Sの特徴を たっぷり詰め込んだご案内を、このHPでもご覧いただけます。

トップページから「保冷庫ページ」にアクセス!

牛乳屋さんにかぎらず、つめたいまま運びたいという方はぜひどうぞ。

お知り合いに牛乳屋さんがいらっしゃる方は、是非教えてあげてくださると嬉しいです。

 

 このご案内(チラシ)がご入用の方はお気軽に、フリーダイヤル( 0120-456-933 )より

お電話くださいね!

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

548.jpg 内田百閒(ひゃっけん)先生の二回目の紹介です。

 こちらは、(株)エニーさんから出ている内田百閒先生の

三作品「冥途(めいど)」、「件(くだん)」、「短夜(みじかよ)」が

収録された朗読CDです。

 朗読は、NHKの内田邦子ドラマでダメーなお父さんを

演じていたのを見て以来、大ファンになった蟹江敬三さん。

 

 大好きな百閒先生の持つ "それはちょっとマズイんじゃないですか" 的イメージと、

ドラマの中での蟹江敬三さんのイメージがあまりにもピッタリ。

 

 1作目は、"先生"の代表作の1つ「冥途」。"この世"と"あの世"の境界線で

展開する物語です。

― 高い、大きな、暗い土手がどこまでも続いている ―  この一節から始まる物語。

ファンの人には、芥川の ― トンネルを抜けると、そこは雪国だった ― に匹敵する名文でしょう。

 トンネルに入るたびに、トンネルを抜けると ― って頭に浮かんでしまう人も多いのでは?

百閒先生ファンは、大きな<土手>を見るたびに「冥途」の一節が浮かんでくるのデスナ。

  

 2作目の「件(くだん)」 ある日、自分が、身体が牛で顔だけ人間の化物

「件(くだん)」になってしまう。

「件」は人間の言葉で凶福を予言し、生まれて三日で死ぬと言われている。

 なぜ"自分が"「件」になってしまったのか? 予言と言われても見当もつかない。

おまけに予言を聞こうと集まってくる群集の中には、顔見知りが何人もいる。

「逃げ出したい」「三日の期限のせまる恐怖」「群集心理」「私の不安感」が

細かく描かれた一作。

 

 3作目の「短夜(みじかよ)

 好奇心を抑えられない<私>は、狐の化けるところを見届けようと思って家を出ます。

暗いヤブの中から出てきた狐を目撃してから始まる"異世界"のお話。

 

 私は、子供の頃に"暗い山道で迷ってしまうのは狐に化かされたからなんじゃ"という話を連想して

しまいました。

 

 忙しくて本を読む時間が無いという人にも、読書したような読後感を味わうことが出来ます。

朗読CDなら、通勤時間の長い人にもピッタリかも。

 

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 本の紹介です。

544.jpg 以前、ラジオ番組の中で「もしも、あの世に一冊だけ

本を持ってゆけるなら何を持ってゆきますか?」

と尋ねられた作家の小川洋子さんは、内田百閒先生の

「百鬼園随筆」(ひゃっきえんずいひつ)と答えられていました。

(地味に見えますが、この本のファンは多いのです。

今風に言うと、"百閒エッセー集"となるのでしょうか)

 

 新潮文庫のこの表紙絵は、芥川龍之介 作

 「百閒先生邂逅(かいこう)百閒先生図」

 ~それにしても"先生"の感じ出てますナー の絵です。

 

 漱石門下の異才、「内田百閒」先生は1889年生まれ。東大を卒業後、陸軍士官学校、

海軍機関学校、法政大学のドイツ語教授を歴任。

堅ーーい職業的イメージと180°違い、ユーモアのかたまりのような人で、

先生の教え子さんは終生、親交を持たれていた人も多くいたのです。

その様子は黒澤映画「まあだだよ」に描かれています。

 

 この随筆集は、短い2,3ページのお話を含め30作品以上あり、いつでもどこでも、

持ち歩くにはピッタリの本です。

あくまで私感ですが、「小川洋子」ファンはおちろんですが、

「よしもと ばなな」「スティーブン=キング」好きにもオススメです。

同じフンイキを持っているのデス。

 本の解説は、作家 川上弘美さん。

百閒先生が、芸術院会員に推薦された時、辞退する為に口にしたと言われる伝説の、

「イヤダカラ、イヤダ」発言。

この言葉を百閒先生のお弟子さんで、当時法政大学教授だった 多田 基(もとい)さんの文章

「『イヤダカラ、イヤダ』のお使いをして」が紹介されているのですが、

このエピソードが、実に百閒先生的で、先生はどこまでも、人を楽しませてくれる

人なんだなァと思えるんです。最後まで必読です。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 

 子供達によると、「そこで遊ぶと必ずハチにやられる」という禁断の空地が近所にあります。

我が家の小2サッカー小僧のボールがその空地に入ってしまい、どうしよう?と困っているので

気合を入れて草を刈ることに。

 

543.jpg フマキラーのハチ・アブウルトラジェット(10mの射程距離があるらしい

ウエポン)をズボンのポッケにつっこみ、格闘すること2時間

 

 まーハチが出るワ、出るワ。あちらが命がけなら、こちらも命がけ。

ウルトラジェット3本を空にしながら、なんとかサッカーボールを回収。

(ボール1コのはずが2コも入れていたのネ・・・)

 

 この日はハチの巣4コを取り除くことが出来たのでした。

 

540.jpg その内の1コ、木の枝に付いていた

「コガタスズメバチ」の巣

 

 

 

 

 

529.jpg 夏祭りで買ったリンゴ飴と。(中2少年の作品)

 まー型が同じなんでなんとなくーとパチリ

 

 

 

 

 

538.jpg建設中の為、内部まで構造がよくわかります。

 外壁は、二重になっています。

 

 

 

 

 

 ※この巣はたまたま数匹のスズメバチがいただけで命拾い。

スズメバチの巣の処理は必ず専門家に依頼する

  ↑ これは、フマキラーウルトラジェットの注意書きです。

 夏場はくれぐれもご用心を!

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

夏の光景

|

 

 

 こんにちは、文月です。のどかな夏の光景です。

694.jpg

696.jpg

 柿もどんどん大きくなっております。catface

 こんなのどかな風景の中、社内は活発に動いております!

本日、トップページににあるバナー「保冷庫タイプ」(ちょっと名前が変わったの、お気づきですか?)、

その中身がリニューアルされました!

 また今週の活動については、来週ご報告させていただきますね!

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

| | コメント(0)

 

105.jpg こんにちは、文月です。

好きな夏の花のうちの一つが、蓮。

蕾の時から、優しい形と色を見せていて、綻ぶと

桃の実のような大きな花がなんとも可愛らしいheart02

水面からまっすぐ伸びる姿も行儀が良い

感じがします。

 

 ところで、『蓮』と『睡蓮』の違い、

みなさんご存知ですか?

私はひとくくりにしていたのですが、

違うのですね。

 見分けの特徴を調べてみました。

 

 まず葉っぱ、蓮は切り込みのない円。

睡蓮は、切り込みがあるものだそうです。

また、赤い葉っぱや斑点のあるものもある睡蓮に

対して、蓮は緑一色。水を弾くのも、蓮の葉っぱの特徴だとか。

ということは、文月の比較的近所で見受けられるこの写真の花は、

蓮に決まりのようです。(普段からひとくくりの意味で「蓮」とは呼んでいたのですが...)

 花については、水面で咲くのが睡蓮、水面から茎が長く伸びて咲くのが? そう、蓮です。

 

 因みに、名前の由来は、一説としては、水面下の根っこ、レンコンが節々で長く連なる...

「連なる」「草」で『蓮』とか...?

 そして『睡蓮』は、蓮の咲き方が、夜明けに開いて夜になると閉じる、「睡眠する」蓮、といった

ところから睡蓮なのだとか。(睡蓮じゃない蓮や他の花もそうだったりしますけどねsmile

3日したら散りますが、蕾が次々と出て夏のあいだじゅう楽しめます。

 

 極楽浄土の象徴とされることもしばしばの蓮。それは、咲く姿が、泥の中に生まれても、

清らかで美しい花を咲かせるところが、仏教の教えに通じるものがあるとか...。

 

 ところで、蓮の花が咲く時に「ポンっ」という音を聞いたという人はいますか?

噂に聞いたものの、本当は無音で、水のせせらぎや草木のざわめき、いきものの声など、

夏の風流音だという解説もあり...。

 咲く時間に立ち合うeyeのは相当な早起きで、いまだに確認出来ずにいますshock

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 

408.jpg まだまだ吉備の中山

ズンズン歩いてます。400.jpg

 

 春には里に降(くだ)る「山の神」も、

途中、岩に腰掛けお休みになるのです。

 

 

402.jpg 

空中に開いたタイムトンネルみたいな蜘蛛の巣

 

   405.jpg

「環状石籬(かんじょうせきり)」

日本のストーンサークルとも

考えられているそうです。

 

424.jpg

 

山道の右手に、有刺鉄線に囲まれた御陵。

中山茶臼山古墳です。

(吉備津彦命)桃太郎のお墓ではないですかsign01 

  427.jpg

 

「ダイボーの足跡」

縦横20m位の広さのある大きなお坊さんの足跡とも伝えられる窪地。

 

 

 

「八畳岩磐座(いわくら)」

北側根元部分の土中からは、祭祀が終わると割られた器が

大量に見つかっているそうです。

 

 

 

434.jpg   435.jpg   436.jpg

歩き易い道が続きます。    竹林を下ると...    熊山遺跡を彷彿させる藤原成親遺跡。

 

幕末の万葉調歌人の平賀元義は、この地での成親の最期について

「あたらこの成親がごときよき臣を有木の山のうもれ木にして」

と歌っています。

413.jpg 

落ちた小さな枯れ枝から伸びる小さなキノコ

そろそろ下山です。

 

 

 まだまだ見所、歩きどころを沢山残しての帰途です。

どの場所にも、「吉備の中山を守る会」の方の案内板が設置され、

とても楽しく勉強になりました。

(案内文の結びのコメントに、「吉備の中山」を愛する思いが伝わってくる文があり、

楽しく読ませて頂きました。)

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。