『セイタカアワダチソウ』 と 『ススキ』 はライバル同士

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラボ営業の深田です。

秋が少しずつ深まってきましたね。
今ブログを書いている右斜め前にこんな風景が見えています。


seitakaawadachisou_1.JPG

















seitakaawadachisou_2.JPG


















何年か前にラジオで云っていたことを思い出します。


「そこにセイタカアワダチソウの群生があるとする。セイタカアワダチソウの個体密度が圧倒的に高い訳だが、それが次第にススキに追いやられ、ついにはセイタカアワダチソウの群生ではなくススキの群生になってしまう。ススキの群生になると今度はセイタカアワダチソウススキを追いやり、またセイタカアワダチソウの群生になる。これを繰り返す。」


ラジオでは原因はよく分かっていないと云っていましたが、
どうも『アレロパシー(ある植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果の総称。)のひとつらしいですね。


画像ではススキの個体数が多いですが、こうなる前はセイタカアワダチソウの個体数が多かったです。


自然っておもしろいですね。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『セイタカアワダチソウ』 と 『ススキ』 はライバル同士

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.trubo.jp/mt/mt-tb.cgi/355

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、truboが2014年10月14日 14:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラジオ体操」です。

次のブログ記事は「動画授業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。