冠雪の大山と紅葉 Part.1

|

 

中国地方の最高峰、鳥取県の国立公園・大山(1729m)で、

11月1日山頂が雪化粧し、初冠雪が確認された。(山陽新聞)

 

 これは早く行かなくては。

 紅葉と雪のコントラスト見たさに今年二回目の大山登山します。

 

482.jpg 11月4日 朝6:30 南光河原駐車場を出発します。

 483.jpg

 登山届をポストへ。

 

 

 

 

487.jpg

登山道入り口。

491.jpg

 

 広い階段をゆっくり歩いて

身体のウォームアップ。

 

 

492.jpg  493.jpg

良い感じに色づいでいるじゃないですか!

 

494.jpg 495.jpg  496.jpg 

     ブナの林         土留めの階段     オシャレな空間でしょ

 

497.jpg 498.jpg 499.jpg

  まだまだの二合目     優しい色使いの   まだまだ始まったばかりの
                  ブナの紅葉です      1,000メートル

500.jpg 見渡せば、辺り一面鮮やかな紅葉です。 

 

Part.2へ続きます

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

  

備中神楽に行って来ました

|

 

12-11-02_007.jpg

 11月2日の夜、美星の秋祭りの前夜祭で、

備中神楽の催しがあり、見に行きました。

  

<総社市観光ガイドHPより>

 備中神楽は備中地方に伝わる神楽です。

荒神様を招き、その前で演じることから、荒神神楽とも

呼ばれていました。

荒神様は、民俗信仰の神様で、恐ろしい神ではありますが、

家や部落、農耕などに使用する牛馬の守り神として祭られてきました。

荒神様の魂を安らげ、五穀豊穣と、家内安全を祈るために行なわれたものですが、

江戸時代末期になって、国学者の西林国橋が、『日本書紀』や『古事記』の神話をもとに、

「大国主命の国譲り」など芸能的要素の強い神代神楽をつくり、

これが人々の人気を呼んだことから、備中神楽の中心的な舞となりました。

 備中地域では昭和40年代まで、毎年秋祭りなどに神社や祭りの当番となった家で

一晩中神楽が催され、地域に深く根ざしたものでしたが、

今では町おこしやお祭りのイベントなどでみられるのみです。

また、昭和54年(1979年)に国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

 備中神楽には、猿田彦命の舞・両神の舞・大国主命の舞・事代主命の舞・櫛稲田姫の舞 ・

須佐之男命の舞・松尾明神の舞・大蛇退治などがあります。

 

12-11-03_004.jpg毎年行く事にしていて、今年も良かったです。

 

 大国主命(おおくにぬしのみこと=大国さま)が、

福もち、福菓子など投げてくれたので、拾って帰りました。

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

手作りのお花

|

 

003.jpg

 こんにちは、キャンディ キャンディでございます。

お花屋さんの店先に、シクラメンの鉢が

いっぱい並ぶ季節になりました。

 

私はパンフラワー(樹脂ネンド)で

お花を作っています。

ちょうどシクラメンを作った作品です。

 

 

 

 

 001.jpg

 

 

 この作品は、ガーベラが

お好きな人にプレゼント

するものです。

こうした本物を象ったものや

想像の花も作ることができて

面白いです。

 

 皆さんはどんな

お花を思い浮かべますか? 

 

 

 

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 

アメリカザリガニ大発生!

|

 

 こんにちは、ブログではお久しぶりの トラボ営業 深田です。

 私が住んでる地区では、去年と同様 今年もアメリカザリガニが大発生sign03

全国ニュースで報道されました。

 たしかに、赤いのscorpiusがぽろぽろと目立つなぁーと  → → →380.jpg

思ってましたが、

場所によってはこんな感じです。

 

 

 

       down

 

 

 

       down

 

 

 

       down

 

 381.jpg  大 集 合 !! 390.jpg  

 

 

 気温が下がり、冬眠に適した場所を探して用水路をさかのぼり、

行き止まりとなった上流部に集まった可能性があるそうですが、それにしても

ちょっとキモチ悪いですね。(-_-;)

 場所は、岡山市東区神崎町。珍百景好きにはおすすめスポットです。

この辺りまで行き、人に聞けばすぐ教えてくれると思いますよ。karaoke

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 弥山避難小屋のある山頂から下山します。

 

274.jpg → 275.jpg → 278.jpg → 279.jpg

              ガスが出たり晴れたり              下りは大勢の登山者と
                                          すれ違います。

 

280.jpg → 283.jpg → 284.jpg  → 286.jpg → 

                   谷ぞこー     この日だけで何人と   続々と登ってきてます。
                             アイサツしたことか...。

 

289.jpg → 290.jpg → 291.jpg → 293.jpg

下りは元谷へ向かいます。            ブナの森をひたすらトコトコ

 

 

→ 294.jpg → 295.jpg → 296.jpg → 297.jpg

 

300.jpg → 312.jpg 

  やっとふもと。    帰りに振り返って観た大山。

 

 この日は山頂ずっとガスっていた様です。

まだまだ見所沢山の大山、又来ます。

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 258.jpg

 木道の左側は危険。高所の苦手な人には

怖い場所です。

259.jpg  260.jpg

     白い枝の木。      頂上が見えます。 

 

261.jpg  262.jpg  263.jpg  265.jpg

ダイセンキャラボクの  人とすれ違うのが      左、注意。
トンネル          大変、狭い道。

 

266.jpg 頂上もうすぐ?な感じの木道。 267.jpg

 

 

ついに来ました 弥山頂上にある避難小屋

 

 

 

269.jpg

ジャジャーン

そして ホッ

 

 

 

273.jpg

 

山頂は大盛況。

みんなガスが晴れるのを待っているのです。

 

 

続きはPart.5、下山です。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 241.jpg

240.jpg 救助用のそりのある

六合目避難小屋の中。

 

 

 

 

244.jpg

はるか下の方に出発点の大山寺エリアが見えます。

 

 

 

 

245.jpg  247.jpg  248.jpg 

道の脇に咲いている花々に楽しませられながら。。。

 

249.jpg    250.jpg    251.jpg 

七合目到達   (ウーム向こうは険しそうだ)  登山道を振り返ったところ

 

 

252.jpg  253.jpg  254.jpg  255.jpg

 谷のような狭い道。                  ガス出てました    フー、階段恐るべし

 

256.jpg  257.jpg 

    8合目です     この階段の左側はゾゾー の巻

 

 

続きはPart.4です。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

<前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  | All pages 次のページへ>

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

最近のコメント

アイテム

  • Usama_sambar.JPG
  • esd.jpg
  • nakayamaP-2.jpeg
  • nakayamaP-1.jpeg
  • seitakaawadachisou_2.JPG
  • seitakaawadachisou_1.JPG
  • aichi_t2.JPG
  • aichi_t1.JPG
  • accord_1.JPG
  • w.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。