夏の光景

|

 

 

 こんにちは、文月です。のどかな夏の光景です。

694.jpg

696.jpg

 柿もどんどん大きくなっております。catface

 こんなのどかな風景の中、社内は活発に動いております!

本日、トップページににあるバナー「保冷庫タイプ」(ちょっと名前が変わったの、お気づきですか?)、

その中身がリニューアルされました!

 また今週の活動については、来週ご報告させていただきますね!

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

| | コメント(0)

 

105.jpg こんにちは、文月です。

好きな夏の花のうちの一つが、蓮。

蕾の時から、優しい形と色を見せていて、綻ぶと

桃の実のような大きな花がなんとも可愛らしいheart02

水面からまっすぐ伸びる姿も行儀が良い

感じがします。

 

 ところで、『蓮』と『睡蓮』の違い、

みなさんご存知ですか?

私はひとくくりにしていたのですが、

違うのですね。

 見分けの特徴を調べてみました。

 

 まず葉っぱ、蓮は切り込みのない円。

睡蓮は、切り込みがあるものだそうです。

また、赤い葉っぱや斑点のあるものもある睡蓮に

対して、蓮は緑一色。水を弾くのも、蓮の葉っぱの特徴だとか。

ということは、文月の比較的近所で見受けられるこの写真の花は、

蓮に決まりのようです。(普段からひとくくりの意味で「蓮」とは呼んでいたのですが...)

 花については、水面で咲くのが睡蓮、水面から茎が長く伸びて咲くのが? そう、蓮です。

 

 因みに、名前の由来は、一説としては、水面下の根っこ、レンコンが節々で長く連なる...

「連なる」「草」で『蓮』とか...?

 そして『睡蓮』は、蓮の咲き方が、夜明けに開いて夜になると閉じる、「睡眠する」蓮、といった

ところから睡蓮なのだとか。(睡蓮じゃない蓮や他の花もそうだったりしますけどねsmile

3日したら散りますが、蕾が次々と出て夏のあいだじゅう楽しめます。

 

 極楽浄土の象徴とされることもしばしばの蓮。それは、咲く姿が、泥の中に生まれても、

清らかで美しい花を咲かせるところが、仏教の教えに通じるものがあるとか...。

 

 ところで、蓮の花が咲く時に「ポンっ」という音を聞いたという人はいますか?

噂に聞いたものの、本当は無音で、水のせせらぎや草木のざわめき、いきものの声など、

夏の風流音だという解説もあり...。

 咲く時間に立ち合うeyeのは相当な早起きで、いまだに確認出来ずにいますshock

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 

408.jpg まだまだ吉備の中山

ズンズン歩いてます。400.jpg

 

 春には里に降(くだ)る「山の神」も、

途中、岩に腰掛けお休みになるのです。

 

 

402.jpg 

空中に開いたタイムトンネルみたいな蜘蛛の巣

 

   405.jpg

「環状石籬(かんじょうせきり)」

日本のストーンサークルとも

考えられているそうです。

 

424.jpg

 

山道の右手に、有刺鉄線に囲まれた御陵。

中山茶臼山古墳です。

(吉備津彦命)桃太郎のお墓ではないですかsign01 

  427.jpg

 

「ダイボーの足跡」

縦横20m位の広さのある大きなお坊さんの足跡とも伝えられる窪地。

 

 

 

「八畳岩磐座(いわくら)」

北側根元部分の土中からは、祭祀が終わると割られた器が

大量に見つかっているそうです。

 

 

 

434.jpg   435.jpg   436.jpg

歩き易い道が続きます。    竹林を下ると...    熊山遺跡を彷彿させる藤原成親遺跡。

 

幕末の万葉調歌人の平賀元義は、この地での成親の最期について

「あたらこの成親がごときよき臣を有木の山のうもれ木にして」

と歌っています。

413.jpg 

落ちた小さな枯れ枝から伸びる小さなキノコ

そろそろ下山です。

 

 

 まだまだ見所、歩きどころを沢山残しての帰途です。

どの場所にも、「吉備の中山を守る会」の方の案内板が設置され、

とても楽しく勉強になりました。

(案内文の結びのコメントに、「吉備の中山」を愛する思いが伝わってくる文があり、

楽しく読ませて頂きました。)

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

土用の丑の日

|

 

 こんにちは、文月です。今日は土用の丑の日ですね。

つい食欲が落ちがちな暑さ、でもしっかり食べて乗り切りたいところ。

そんな頃合いに、うなぎ丼。日本人で良かったぁ~heart04と思うメニューです。

 

 ところで先日、倉敷の商店街で、

うなぎの家を発見しました!

 

 

 

642.jpg




・・・・・確かに。大~勢住んでおります。

もちろん本物。

手を入れちゃダメな家。

こう、新鮮なうなぎを振る舞ってくれるお店なのです。

今の時期は土曜夜市を催している、駅前の中国銀行さんに近いところです。

 

 ところで、うなぎは英語で「ell」、筆記体で書いたら実にグルグルグルといった感じですが、

うなぎの長さではグルグル(二回転)ぐらいかな? と普段は思っていたのですが、

改めてこのうなぎの大群を見ていると、申し分の無い「ell」でした。

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

 こんにちは、文月です。

今日、7/25は、「最高気温記念日」だそうです。聞くだけでうんざり...sweat02

そして、同時にかき氷の日でもあるとか。

かき氷の古い名称「夏氷(なつごおり)」→「725(なつご)」→「7月25日」。

こんな日なら大歓迎です!

 

a0027_002423.jpg

 

 そんなダジャレ好きの日本人が、

「柿」のシロップを使った「柿氷」とか作ってないかなぁと時々思うのですが

いかがなものでしょうかcatface

(少しは涼しくなりましたか?)

味的に美味しいのではないかと思うのですが、

いかんせん時期が逆なので、新鮮な柿は難しそうですが...。

 ちなみに季節感の捉えがたいスイーツの一つは、

岡山県日生の誇る、「カキフライソフトクリーム」だと思います!

 

 冷たいものとほどほどにつきあいつつ、暑さを凌いでいきたいですね。

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 377.jpg

 吉備の中山、まだまだ歩いています。

 

378.jpg「元宮磐座(もとみやいわくら)」

案内板によると、吉備津彦神社の社殿が

まだ無かった時代の人々は

大きな岩に神が鎮座されていると考え崇め奉ったそうです。

 380.jpg

 

「吉備の中山」龍王山 山頂170メートルにある「八大龍王」

雲を呼び雨を降らせる力を持つ、八つの龍神が祀られています。

 

 

山頂からは岡山ドームが近くに見えます。

383.jpg   384.jpg 天柱岩とは...? 200m すぐです...ネ?

 

385.jpg 雨で地面はズルズル、長い急坂のロープ場。

天柱岩入口。急斜面です。ご安全に

本当ですsign01 こわかった......。

 

 

386.jpg

 

必死で転ばないようロープつかんでまッす。

上から見える「天柱岩」

 

387.jpgふもとに水田の広がりが見えています。

 

388.jpg別命「権現岩(ごんげんいわ)」として

昔から人々から崇められている岩。

 

 

 

 

391.jpgあと1km。桃太郎のモデルになったと言い伝えのある、

吉備津彦命のお墓と言われている所。

もう少しです。

 

 

394.jpg

 

雨で落葉の下から出て来たクワガタ(メス)。

(踏まれないよう、木の幹へそーっとつれていきます。)

 

 

 

 

つづきはPart.4で。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

354.jpg 吉備津彦神社、境内のはずれにある「共鳴式水琴窟

 イメージしてみてください

深ーーい井戸の底で鳴るオルゴールの、

1音、1音を――。

この世の音ではないですナ。

 

356.jpg桃太郎のモデルがこの地に。

吉備津彦命 夢去之地」と刻まれた石碑と、

「吉備の中山登山口」

 

 

古墳の上に立つ、藤原成親供養塔

363.jpg   365.jpg 6世紀頃に造られた横穴式石室。

 

案内板によると、この五輪塔は鹿ヶ谷(ししがたに)事件で平清盛に捕らえられた

大納言・藤原成親(1138-1177)の供養塔と伝えられています。

 

368.jpg   369.jpg   371.jpg 

 トコ トコ トコ トコ    シダの森が広がります   この日は雨のせいで地面はズルズル。

 

372.jpg右手の四ツ又の大木までは

滑り易い急坂をズンズン、ハァーハァー、フー。

 

 

 

 

 

374.jpg 分岐を右へ  376.jpg 

 

Part.3に続きます。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

<前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  | All pages 次のページへ>

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

最近のコメント

アイテム

  • Usama_sambar.JPG
  • esd.jpg
  • nakayamaP-2.jpeg
  • nakayamaP-1.jpeg
  • seitakaawadachisou_2.JPG
  • seitakaawadachisou_1.JPG
  • aichi_t2.JPG
  • aichi_t1.JPG
  • accord_1.JPG
  • w.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。