備中松山城の天守までもう少し。
「ふいご峠」でバスを降りると700m程山を登ります。

IMG_1196.JPG

 

 

・・・  IMG_1198.JPG 登城 途中見える高梁の町。



     ・・・  IMG_1202.JPG ・・・  IMG_1203.JPG
                               巨大な大手門跡 太鼓で迎えられます。


IMG_1204.JPG

 

ちょうどオープニングセレモニーの為に

高梁のPR大使を務める女優の倍賞千恵子さんが

カワイらしいピンクの服で登城してこられました。

 

 IMG_1225.JPG

               備中松山城
 
 日本で最も高い所に天守の現存する山城です。
                  
 (標高 430m)

 

 

 

 

 

IMG_1228.JPG
 
左から
 備中松山藩主を務めた板倉家の19代当主にあたる重徳さん、
 倍賞さん、
 倍賞さんのご主人:作曲家の小六さん
     「前田吟さんではありません」と会場を沸していました。
 一番右が高梁市長。
 
IMG_1229.JPG 

  幾度も「寅さん」のロケでこられているだけあってトークに倍賞さんの
  熱い思いが伝わってきました。
  
  さまざまな催しが次々とあって楽しいひと時を過ごしました。

 
 

IMG_1231.JPG                   IMG_1223.JPG  

                                     新撰組隊士 女性がカッコイイ
 
             IMG_1214.JPG  ヒゲがなんともユーモラス

 
 
 
 
たかはし お城まつり「備中松山城 秋の陣」は 11/27日まで 土日祝日を中心に開催されています。

 

 

 

  

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 
 
 
 
 

名字と「田」の関係

|

 

こんにちは、トラボ営業の深田です。

我家の周りの草木が赤く染まってきてました。

秋ですねぇmaple 

 

さて、親戚の家では、稲刈り時期に入りました。 

私も協力して(休日無視の)稲刈り作業が始まりますcoldsweats01 

 

ine_1.JPG 

 

みなさんご存知のとおり、稲作は弥生時代(縄文時代後期という説もありますが)から行なわれてきたといわれ、歴史ある穀物ですね。

 

 

 

 そんな歴史が関係あるっ??かどうか分かりませんが、

 

「漢字に一字に『田』をつけると、なんとなく名字なる」

と私の親父が言ってました。

例えば、東西南北のそれぞれに『田』を付けると「東田」「西田」「南田」「北田」

てな感じですね。

 

いろいろな漢字に「田」を付けてみてください。

なんとなく名字になりますから。

 

ちなみに、私は「深田」、カミさんは旧姓「今田」、

山陽レジン工業の社員約1/4は名字に「田」が付いております(笑)

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

 

1か月程前から楽しみにしていた火縄銃の空砲演武を見に行きました。

 

IMG_1181.JPG   IMG_1182.JPG   IMG_1189.JPG

       玉米中                 一斉にズドーン          おじさん耳をふさいでいます。
                                             本当にスゴイ音です。

 

IMG_1188.JPG

 

演武が進むにしたがい火薬量も増え

だんだん火縄銃の音が大きくなっていきます。

 

 


 

 

IMG_1190.JPG

 

最後のデカイヤツは天守閣を破壊するための

ものだそうです。・・・もはや大砲です。
            ドッカーン

 




 

IMG_1191.JPG

 

一勢にズドーン

煙の中の甲冑姿がカッコイイ

 

 

 

 

 

演武が終わり、備中松山城の天守を目指します。

ここ城見橋駐車場から「ふいご峠」まで巡回バスで行きます。

先程の火縄銃隊のお見送りです。IMG_1195.JPG
                         いってきまーす。(我家の7才)

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

  IMG_0847.JPG

 

                      境内にある大イチョウ

  


IMG_0844.JPG

    吉備津神社本殿及び拝殿の側面
     
― 屋根は肥沃入母屋造 ―

 


IMG_0849.JPG

 

 長ーい回廊

 


 

IMG_0850.JPG

                               美しい曲線を描く回廊

 



   IMG_0853.JPG       IMG_0858.JPG

       釜鳴神事のおこなわれる           南側、鳥居の外にある道標 
   御釜殿の前にあったカワイイ鬼のイス

 


 

 

IMG_0939.JPG

 

 吉備津神社の「津」は「港」という意味と考えられるそうです。

 神社のある中山周辺は古代、海と思われ、鬼ノ城がある

 鬼城山は 「鬼が島」 ということで 「桃太郎」 の元になったと

 言われています。

                         吉備津人出版より

 

 

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp




 


 もしかすると " 鬼 " と言われる「温羅(うら)」は人々から慕われる

ヒーローのような存在ではなかったのか?

鬼ノ城の偉容を想像する度に思うことです。

(長い歴史の中で史実の解釈が逆転することが良くあるからです。)

そんなことを考えながら今日は吉備津神社をおとずれました。

(JR吉備津駅の南、吉備の中山の西麓に境内を構えます)

 

IMG_0836.JPG

 

参道手前の矢置岩

 


         

       IMG_0835.JPG                                                                            岩の由来が書かれた看板


 

 

                 IMG_0837.JPG                         IMG_0840.JPG

    ( この階段                                                                                       拝殿
       毎年足腰のチェックに使っています。
                      フーフー)

 IMG_0843.JPG境内から西に見える手前の山は楯築遺跡のある場所。
(吉備最大の墳丘墓)

 


IMG_0848.JPG

 本殿

 吉備建造と呼ばれる神社建築は

 日本にこの国宝建物一棟だけ。 


     IMG_0846.JPG

                                       備前焼

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

  yanagisawasama.JPG

こんにちは、トラボ営業の深田です。

先日のことですが、わざわざ長野県からトラボをお引取りにいらっしゃった、

柳沢様をご紹介したいと思います。

 

柳沢様は 2011年3月号 『 現代農業 』特集:農家の必需品 軽トラ活用術 をご覧になられた方でした。

 

トラボのページをご覧になられた瞬間、自分が求めていたものとピッタリだったので、

思わず  これだ! と叫んでしまったとか・・・(笑)

 

 

 (来社頂いた際、いろいろとお話を伺いました。)

『農家にとって軽トラックはなくてはならない車ですが、農繁期に限られます。

農繁期は意外に短くて、それ以外は軽トラック=乗用車ですね。

 

yanagisawasama.JPG

 

雨が降れば平シートをしていても荷台が濡れるし、雪が降れば重みで潰れてしまいます。

豪雪地では一晩で1メートル以上も降り、除雪をしなければ雪の重みで車が潰れてしまうこともあるんですよ(笑)

トラボがあれば一年中、軽トラックを便利に使えそうです。』

 

 

 

(数日後、柳沢様からメールを頂きました。)

『先日は、トラボ受領にあたり大変お世話になりました。

倉敷の美観地区を楽しみ、無事長野までたどり着きました。

早速、行きつけのGSへ給油に出向いたところ、GS職員総出で話題となりました。

今後、給油の度に話題となるでしょうし、田舎のGSで農耕車(軽トラ)の給油も多いので、

誰か私の後に続く方が出てくれればと期待しています。

長野ではこれから秋が深まっていき、果物が美味しい季節となります。

 

ringo.jpg

 

 

社長様を始め、途中まで道案内いただきました奥様、会社の皆様にくれぐれも宜しくお伝えください。

長野の空の下より、貴社の益々のご発展を祈念申し上げます。』

 

 

 

柳沢様、ありがとうございます。

メールを何回も読ませていただきました。

当社としましても、この様な御縁があって本当に良かったと感じております。

雪が積もるのはもうちょっと先でしょうか?ちょっと楽しみですね。

またお便りお待ちしております。

 

最後に柳沢様の名刺の裏の言葉が印象に残ったのでご紹介します。

 

        私の住む町は

          信濃では 月と仏と おらが蕎麦

          一目十万本 アンズの里

          「恋し(小石)の湯」伝説 千曲川の畔

                        戸倉上山田温泉

                                       千曲市です。

anzu.jpg 

 

 

皆さま、信濃路へお出かけの際は お立ち寄りください<(_ _)>

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

 

高梁の町.ちょい散策

|

1237.jpg
観光駐車場からほどなく風情のある紺屋川にそって歩きます。
川に面したこの道、日本の道100選に選ばれています。
(ナットク)






1241.jpg
頼久寺(らいきゅうじ)
この庭園が有名です。








1246.jpg
境内にある
― 薬師堂 ―








1247.jpg
小堀遠州(1579~1647)の作った庭園

彼は茶道、建築、造庭の巨匠として名を馳せ
「きれいさび」を確立、後世に多大な影響を与えたそうです。






1248.jpg1250.jpg1251.jpg
庭の写真







まさに
「きれいさび」


石火矢町(いしびやちょう)は多くの武家屋敷が残っています。

1257.jpg

街並みをスケッチされる方
(カッコイイ)









1255.jpg1256.jpg山田洋次さんと"寅さん"の
サイン入りの碑







「男はつらいよ」 ― 寅次郎恋歌(第8作)と ― 口笛を吹く寅次郎(第32作) 
二回も高梁でロケしたのです。


1259.jpg
この辺は、映画「バッテリー」で見覚えがあるような・・・。

"タクミ"が向こうから走ってきそうです。







昔へタイムスリップ 家々の写真
1260.jpg
1261.jpg
1262.jpg1265.jpg
















軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

<前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  | All pages 次のページへ>

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

最近のコメント

アイテム

  • Usama_sambar.JPG
  • esd.jpg
  • nakayamaP-2.jpeg
  • nakayamaP-1.jpeg
  • seitakaawadachisou_2.JPG
  • seitakaawadachisou_1.JPG
  • aichi_t2.JPG
  • aichi_t1.JPG
  • accord_1.JPG
  • w.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。