井原市にある田中美術館に行ってきました。

 

美術館入り口.JPG美術館入り口にある
平櫛田中の作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展」が目当てです。

田中美術館.JPG

 

 

 

 

 

 

この日「浮世絵鑑賞事典」を持参しました。

浮世絵事典.JPG

 

  

「写楽殺人事件」で乱歩賞をとった高橋克彦さんの初めての
出版物です。


昭和五十二年に日本出版センターから初版に44部刊行され、
10年間に売れたのは、たった2千部。

そんな本が講談社文庫から元版の4分の1前後の価格で出て
います。(こんな、超マイナーな本を文庫化するってスゴイです。
今現在は刊行されていないのが残念ですが。)


そして巻末に杉浦日向子さんの解説があります。
浮世絵の展覧会に行く度にこの本を持参して、絵師の項目を
引きながら観たそうです。
(自分も同じことをしようと思っていたので幸せです。
                     あー日向子中毒なのネン。)

この本には、主要絵師60人の略伝と作品が掲載されています。
きっと、自分のお気に入りの絵師が見つかるはずです。
(絵のタッチが絵師によってこんなに違うのか....が解ります)


今回、この展覧会の主役は広重です。やっぱりメジャー級です。
そして、江戸の旅ブームに火を付けたのが広重の「東海道五十三次」だということが
観ている内に解ってきました。
広重に人気があったのは、彼が元幕府直属の役人で、お役目で東海道を上り下りする
機会が多く、自分の目で取材した数少ない絵師だったということが
あげられます。
それまでポイントポイントの名所絵はあっても、道筋を描いたものはなく、
見て楽しむだけでなく、ガイドブックの役割も果たしていたのです。

 

もう一つ注目がユーモアとマンガタッチな絵です。
特に「御油」の旅籠の場面を描いたシーンがすごい。
旅人を宿へ引き込む「留女(とめおんな)」が出てきます。大変な怪力で一度つかまったら
逃れることはできません。
首から下げた荷物をぐいぐい引っ張られて旅人の何ともつらそうな、くるしそうな顔といったら、
かわいそうだけどあまりの必死さが笑いを誘います。

今回の展覧会では、それぞれの浮世絵と対比出来るように 当時に近い頃の写真も添えられて
います。
広重の目を通すと大胆なデフォルメがなされていたりして楽しいのです。そして解説文もみごと
でした。


この展覧会 8月16日までやってます。

杉浦日向子さんの言う「うつくしく、やさしく、おろかなり」の江戸へ
少しの時間タイムスリップしてはどうでしょうか?


 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

子供に勧められた本です。

|

 

「偉大なる、しゅららぼん」を読みました。

作者は万城目 学さん。(マキメ マナブさんと読むと最近知りました)

「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」が映画化され、現在、新刊の売り上げランキングの上位に
必ず入る人気作家です。

中一の長男が、映画「鴨川ホルモー」を観て以来、万城目"本"に興味があったらしく、
「学校の図書館に"偉大なる、しゅららぼん"が入ったんで―。」と、借りてきて、イッキ読み。
「あーおもしろかった。父さんも読んでみるー。」と渡されたのが、この本です。

 

 表紙のイラストがイイのです。

110710_182316.JPG

     

 

 

 学生が二人、背景は"琵琶湖"。そして中央に描かれた"竹生島"。
                                                        ("ちくぶしま"と読みます。)

数年前、好きで幾度となく訪れた湖です。
(このイラストを見ただけで
琵琶湖とわかる人は、読中、面白さが倍増します)


この湖、もーほとんど海です。小型船舶操縦免許をとって半年、
少し操船に自信がついて意気揚々とやってきたのですが・・・。
湖上は危険がいっぱい。強風にあおられて進めなくなるのは
当たり前。霧が出ると、もーお先真っ暗。晴れたら晴れたで
外輪船"ミシガン"が目の前を通り、大型高速艇がカッ飛んで行き、個人所有のヨット、クルーザーが縦横無尽に行き交う。湖上では
周り(気象、他船など)に絶えず気を配らなければ"生命の保証はない"ということを教えてくれた所。

そんな琵琶湖を舞台にした物語です。


                  ・・・・・
(琵琶湖は、今思い出しても、やっぱりオモツライ所なのです)
でも、琵琶湖に行ったことがなくても大丈夫。歴史好きが喜ぶ物語です。江戸時代から現存する
"本丸御殿"で実際に生活している家族と一人の少年が同居する話なのですが・・・。
お話は、まさに"マキメ ワールド"これ以上は言えないのです。
548ページもあったのですが、読み終えた時に、読んで良かったと思える本でした。
最後のページは、いつまでも光景が頭の中でリピートしそうです。ぜひ一読を。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

 

癒される〜〜!!!

|

 

海はいいですね〜  41.gif

 

波の音を聞いているだけで癒されます(*´∀`*)

 

この季節になると、週末ほどんど海に行ってます。

 

 

倉敷にお住まいなら、やはり渋川でしょうか?

(↑岡山県外の方、川って名前ですが海です)

 

 

実は、渋川にもあまり知られていないスポットがあるですよ  23.gif

 

夏休みの日曜でも、せいぜい2家族くらい。

 

ま、教えませんけどね、、、(オイオイ(゚Д゚)ノ)

 

 

で、海でひろった貝がらと、

バーベキューで残ったとうもろこしで作った

2歳児の作品

 

 

DCF00202.jpg

彼女が大好きなGAGAのセレブハウスだそうです。 24.gif

 うーーん、よくわからんが天才かも・・・ 11.gif

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp 

2つの意味を持つ言葉

|

 

 

『勘違い』ってよくありますよね?

 

これは私が10代の頃に勤めていた、某レストランでの出来事。

土用の丑の日も近く、期間限定でうな重膳が出ていたのです。

 

いつものように

「お疲れさまでした。お客様のグループは4名様ですね。こちらメニューでございます」

と言った後に

「ただいま期間限定の、うな重膳もございます」と、オススメ。

隣のテーブルで、先輩もうな重膳をオススメしている。ちょっと盗み聞きear

「こちら、うな重膳は期間限定でございます」

するとお客様は先輩にこう言いました。

「これってヨウショク??」

それに対して、先輩はこう答えました。

「いえ、和食ですが。」

 

 

・・・。

 

 

私はこらえきれず、その場を立ち去りました。

お客様も、「そうよな、和食よなー」と、ずいぶん笑っていました。

先輩は何のことかわかっておらず、戻るなり私に

「なんでみんな笑よん?!和食じゃろっ?!」

 

ほんと、先輩カワイイです(´▽`)゛

可愛すぎるんで教えまいとも思ったけど、次のお客様でもそうなったら困る。

教えてあげました。

「うなぎは養殖か?って聞かれたんですよ」

 

先輩赤面。

 

恥ずかしかったようで、そのテーブルへはお膳を出しに行きませんでした(´▽`)笑笑笑゛

 

洋食.jpg

 

 

 

・・・うなぎで『洋食』が出てきた先輩もすごいです(´▽`)笑笑

 

 

 

 

本当、私の周りにはカワイイ子がいっぱいです❤❤❤

その可愛げを、私にも分けてください(・Д・)ノ・・・。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

友達からの依頼

|

 

 

友達の経営している美容室が、オープン②周年を迎えました❤゛

「お祝いしよー!!!!」

と、みんなで盛り上がっていた時、友達は私にこう言いました。

「②周年記念に、紫ベースで、キラキラしてて、可愛いフォトフレーム作って゛」

「あ。ゴテゴテしてて、ハデハデなのがいいー゛」

 

えぇ。私で良ければ作りますともヾ(´▽`)ノ゛

 

ということで、出来上がったのがこちら

 

2周年記念.JPG

 

 

 

・・・・後ろのhideちゃん人形は置いといて。

 

十分ゴテゴテでしょう!!!!

 

 

ハデでしょう!!!!

 

 

 

 

フレーム左.JPG フレーム右_1.JPG

 

ただ、私の好みが入り混じっていますが・・・。

 

 

アリス大好き(´▽`)

時計とか入ってしまいました。

チシャネコとか時計うさぎも入れたい(´Д`)ノ゛

けど我慢(・Д・)・・・。 ※時計、ちゃんと動くんです

お祝いとして無事に渡し終え、このフォトフレームは現在、

②周年パーティーをした時の集合写真を入れて、お店のカウンターに飾ってあります

 

作った私がだいぶ喜ばせていただく結末になりました(´▽`)shine

 

そして、

「③周年は、看板よろしく゛」

 

Σ(OДO)!!!!゛

どこまでが本気だかわかりません笑笑゛

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

まめ知識

|

 

日常生活の中で、ふと気になることがあって

気になって気になって、モヤモヤすることってありませんか?

私はそんなことがしょっちゅうあって、その度に調べてしまいます。

・・・数日経ったら、気になっていた事も、調べた結果も忘れてしまうんですが笑笑゛

 

これは、友達が結婚して、奈良に引っ越しが決まったときのこと。

お姉ちゃんも知っている友達だったので、

『★★が、奈良に引っ越すんよー』と報告しました。

すると、お姉ちゃんはこう言いました。

『奈良?じゃあ、奈良の大仏の頭のツブツブ、何個あるか数えといってって伝えて』と。

・・・(・Д・)・・・。

 

で、馬鹿正直にそのまま伝える私(´▽`)゛

もちろん、友達は数えていません笑笑゛

 

で、結局・・・。気になるので調べました(・▽・)ノ

奈良の大仏_1.jpg 

大仏の頭にある粒は、螺髪(らほつ)と言います。

奈良の大仏の螺髪の一つの大きさは、直径が約22cm、高さが約21cmもあります。

重さは一つ1.2kgあり、これが頭にいくつもあるのです。          ・・・決まっているんですね(・Д・)゛

奈良の大仏の螺髪の数は、なんと966個もあります!!!!!一方鎌倉の大仏は656個です。

・・・大仏自体の大きさに差があると、螺髪の数も変わってきますね(・Д・)

螺髪は一つ一つ造られ、頭につけられたそうです!!!

奈良の大仏を例に挙げると、966個の螺髪を頭につけ終るまでに3年の月日がかかったとゆー。

・・・3年間、毎日粒をつける作業・・・(´Д`)ノsweat01

螺髪には巻きの向きまであるそうで、一般的に螺髪の巻きの向きは右巻きだとか。

多くの仏像がそうなのに対し、鎌倉の大仏の螺髪は左巻きになっています。    ・・・反抗期?(・△・)??

よく頭の悪い人のことを「左巻きだ」ということがありますが、

これは螺髪の右巻きに対して逆であることから言われますが、鎌倉の大仏は・・・・。    うん。

 

・・・こんなにも、いろんな決まりとかあったんですね。

大きさとか重さとか・・・。さっそくお姉ちゃんに報告せねば(・▽・)!!

 

そして報告後、おねえちゃんはこう言いました。

「アンタどんだけ暇なん?」

 

・・・さすが私の姉。この件についてはすでに忘れていました(´▽`)dash

 

いいんです。私に1つ、知識が身についたから。役に立つか定かではないけど(・へ・)・・・。

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp 

誤解

|

 

 

『思い込み』ってよくありますよね。

 

私がよく、思いこまれていること。

『1番好きな色は黒』・・・・みんなに思われるんです。

それか『黒とピンクが好きよな?』と言われます。

確かに、黒とピンクが好きです

 

私が好きなキャラクターを、ざっとまとめてみました。

 

すき_2.jpg

 

 

・・・確かにピンク率が高い!!!!!

 

黒は、服:靴:カバン系統が、いつも黒だから、黒が1番好きと思われるのでしょうが・・・。

 

1番ではありません(´Д`)ノsweat01

 

みなさん。

私が1番好きな色は黄色ですから(・Д・)!!!!!!!

 

でも黄色いキャラクターって、なかなかいないんです(´ω`)゛

ピカチュウ.jpg

 

 

ピカチュウしか出てきません。

 

黄色って、もっとメジャーな色だと思っていました(・Д・)・・・。

 

 

 

 

とりあえず、黒もピンクも好きですが、1番好きな色は黄色です

 

 

 

軽トラ専用荷台ボックス トラボのページはこちら http://www.trubo.jp

<前のページへ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  | All pages 次のページへ>

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

最近のコメント

アイテム

  • Usama_sambar.JPG
  • esd.jpg
  • nakayamaP-2.jpeg
  • nakayamaP-1.jpeg
  • seitakaawadachisou_2.JPG
  • seitakaawadachisou_1.JPG
  • aichi_t2.JPG
  • aichi_t1.JPG
  • accord_1.JPG
  • w.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。